多摩区版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

本格始動した市民グループ「たまくママのわ」の代表を務める 楠部 静代さん 菅在住 41歳

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena

癒しと調和、まちに元気を

 ○…区画整理が進む登戸地区で「多摩区のママたちが集まって、特技を生かしてまちに貢献できたら」との思いで、仲間3人でグループを結成。「引っ張るタイプのリーダーじゃない。みんなを尊重し、調和しながら一緒にまちをつくっていきたい」。小田急と川崎市の空き地活用の中で毎週水曜日、出会いと交流の場づくりを今月から展開。親子向けヨガや工作教室を企画していく。

 ○…夫の仕事の関係で、長男と次男、長女と多摩区へ移り住んで5年目。引っ越しの決め手は「子育てしやすくて便利で、自然も豊か」。家族そろって多摩区に来て間もなく、母子向けの市民館講座に2歳の長女と参加。地域活動につながる仲間の輪が広がった。赤ちゃんヨガやベビーマッサージの勉強を続け、現在はヨガ講師として働きながら、地域に目を向ける。小6の長男も活動を手伝う頼もしい存在だ。

 ○…岡本太郎の「太陽の塔」が部屋の窓から見える、大阪市の万博記念公園のそばで生まれ育った。美術館のある多摩区に住む今、「太郎さんとは不思議な縁がある」と笑顔を見せる。小5から中3までバスケットボールで汗を流し、短大卒業後はフリーターとしてホテルに2年勤務。アロマテラピーなど当時の「癒しブーム」に乗じ、資格を取得しセラピストの道へ。リフレクソロジーのサロンに8年ほど勤め、店長も経験した。

 ○…ふらっと来て誰かに悩みを打ち明けるような場がない中、まずは行動してみることに意識を注ぐ。「面白そうな所に人は集まる。専門分野に長けた人がいると気軽に相談しやすい」。ヨガもその手段の一つで「心と体、親子、人と人。つなぐという意味がある」。活動は始まったばかり。「まち全体を笑顔で健康に」と前を向く。

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

高橋 良八(よしや)さん

看板制作の技能者として、今春の黄綬褒章を受章した

高橋 良八(よしや)さん

宿河原在住 78歳

5月13日号

堀川 華那(はな)さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)の学生代表に今月就任した

堀川 華那(はな)さん

県立多摩高校出身 20歳

4月29日号

村上 治三郎さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

村上 治三郎さん

枡形在勤 58歳

4月22日号

緒方 雅子さん

二ヶ領せせらぎ館で今月、多摩川の野草の植物画展を開いている

緒方 雅子さん

堰在住 62歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

手塚 はるかさん

土地区画整理の空き地で移動型珈琲店を営み、登戸のまちづくりを仕掛ける

手塚 はるかさん

登戸在勤 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook