多摩区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

「高校生ものづくりコンテスト全国大会」電気工事部門で優勝した 山本 咲さん 県立向の岡工業高(堰)1年 15歳

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena

「いまやりたい」を、全力で

 ○…高校生ものづくりコンテストで11月、大会史上初の1年生での全国優勝を成し遂げた。出場したのは、配線工事の技術を競う電気工事部門。建物内の壁に配線を通して電灯をつける--。プロの工事士に近い水準を要求される中で、他の出場者と比べて経験や技術の不足は明らかだった。だが、予想外の課題に対する臨機応変さが、勝った。ごく自然体の「その日、その場の対応」で頂点に登りつめた。

 ○…高校電気科に入学してすぐ、担任教諭から聞き同大会の存在を知った。出場を決意し、5月末から地道にコツコツとほぼ毎日練習をこなした。制限時間クリアは当たり前の世界だが、できるようになったのは本番数日前。「全く知識がない中、先生が分かりやすくかみ砕いて説明してくれた。何度も失敗したけど見放さずに指導してくれた」と笑顔を見せる。

 ○…出身は高津区。工作が好きで、小3のころから夏休みになると親に頼んで工作教室をはしごした。明治大主催の講座では生田キャンパスに足を運び、ラジコン作りに挑戦。「はんだで基盤に配線をつないで、けっこう本格的だった」と懐かしむ。水泳や習字、英会話を習い、作文で書いた当時の夢はペットショップ店員にマッサージ師。「好きなことをそのときやる」。中学は演劇部でボーカルスクールにも通い、今は軽音楽とバドミントン部をかけ持ち。何事にも興味は尽きない。

 ○…「嫌なことは全部吐き出す」。大声で歌うことがストレス解消法。将来の夢はあえて一つに絞らず、「自分のやりたいことが見つかったときに、道をつくれたら」と未来を描く。「選択肢を増やすために今できることはやっておかないと。成績とか資格とか、あと私生活も」。茶目っ気たっぷりに笑った。

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

高橋 良八(よしや)さん

看板制作の技能者として、今春の黄綬褒章を受章した

高橋 良八(よしや)さん

宿河原在住 78歳

5月13日号

堀川 華那(はな)さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)の学生代表に今月就任した

堀川 華那(はな)さん

県立多摩高校出身 20歳

4月29日号

村上 治三郎さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

村上 治三郎さん

枡形在勤 58歳

4月22日号

緒方 雅子さん

二ヶ領せせらぎ館で今月、多摩川の野草の植物画展を開いている

緒方 雅子さん

堰在住 62歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

手塚 はるかさん

土地区画整理の空き地で移動型珈琲店を営み、登戸のまちづくりを仕掛ける

手塚 はるかさん

登戸在勤 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook