多摩区版 掲載号:2022年2月25日号 エリアトップへ

明大農学部中村研究室 ナマズ飼育 知見を共有 せせらぎ館「たまずん」視察

教育

掲載号:2022年2月25日号

  • LINE
  • hatena
たまずんを観察する中村准教授と学生、同NPOの堀井順子さん(左)
たまずんを観察する中村准教授と学生、同NPOの堀井順子さん(左)

 二ヶ領せせらぎ館(宿河原)で展示されている多摩川生まれの黄金色ナマズ「たまずん」。ナマズの研究を続けている明治大学農学部生命科学科(生田キャンパス)の中村孝博准教授と学生が2月17日、同館を訪問。たまずんの世話を担うNPO法人多摩川エコミュージアムのメンバーと対談し、飼育方法について研究内容を共有した。

 先月末、たまずんがエサを食べない時期があったため、同NPOが中村准教授に相談し会合が実現。同研究室の櫛渕陽央さん(4年)と林泰弘さん(3年)が研究成果を踏まえ、エサをあげる量や頻度、水温、照明などについて解説した。質問に答えた櫛渕さんは、「エサは夜に食べさせた方が成長する。光に弱いので暗い状況をつくった方がいいのでは」とアドバイスした。

 同NPOの五十嵐豊さんは「今度は明大に見学に行って参考にしたい。長いお付き合いができれば」と期待。中村准教授は「研究成果の還元など学生と共にお手伝いできることをしていきたい。皆さんと関わることで学生も地域社会を意識し、その一員として成長できると思う」と話した。

育て方について意見交換
育て方について意見交換

多摩区版のローカルニュース最新6

行事やクイズ、魅力発信

あじさい号

行事やクイズ、魅力発信 文化

五地区協議会 バス停ポスター第5弾

5月27日号

水の事故防ぐ講習

水の事故防ぐ講習 教育

6月19日

5月27日号

茂住菁邨氏が個展

「令和」書家

茂住菁邨氏が個展 文化

東京 6日間に手応え

5月27日号

ウクライナへ15万円

ウクライナへ15万円 経済

民家園通り商店会 救援金集まる

5月27日号

生田町連 会長に西尾氏

生田町連 会長に西尾氏 社会

稲田は濃沼氏が継続

5月27日号

ホタルの国夜間閉鎖へ

ホタルの国夜間閉鎖へ 文化

生田緑地

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook