多摩区版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

「長尾の里あじさい寺」として知られる妙楽寺で第25世住職を務める 溝江 光運さん 長尾在住 81歳

スポーツ

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena

花と共に、思い継ぐ

 ○...江戸時代初期に創建された妙楽寺。父親が半世紀前に植え始めたアジサイを継承し、いつしか千株の名所に。「知らないうちに『あじさい寺』が定着してしまった」と笑う。毎年手入れを欠かさず、今年も30株以上を植え替えた。剪定は植木屋の力を借りる。「おいでいただいた方に気持ちよく帰ってもらいたい」。週末のあじさいまつりに思いを寄せる。

 ○...7人きょうだいの長男。終戦の5歳までは「つつじ寺」として有名な等覚院(宮前区)で過ごし、妙楽寺へ。大学卒業後、川崎市役所に入庁した。土木関係から教育委員会へ移ると、市美術展に第1回から携わり、著名な芸術家とふれあった。高津区役所を経て1979年、先代の跡を継ぎ家業一本に。住職としての転機は93年、檀家から鐘と鐘楼堂の寄付を受けた。以来30年近く、春夏秋冬毎朝6時、お経を上げて鐘をつく。除夜の鐘も恒例行事になった。「鐘のおかげで、坊さんの端くれの仲間入りができた」と目を細める。

 ○...1男3女に恵まれ、母校・稲田小PTA副会長や長尾小PTA会長を歴任。罪を犯した人の更生を支える保護司も28年間務めた。70代は多摩区保護司会の初代会長や、天台宗のおよそ100カ寺が属する神奈川教区宗務所長として忙しく活動。今は「寺の住職だけ」と、穏やかな日々を過ごす。妻と各地の雪見露天風呂に足を運ぶことが年に一度の楽しみだ。

 ○...アジサイに限らず、お寺としての間口を広げ落語会や写経会にも取り組んできた。「いろんな方に来ていただいて、お寺の雰囲気を感じてほしい。先代も喜んでくれていると思う」。より開放された場を模索しつつ、「跡を継ぐ人間がやってくれるでしょう」とほほ笑む。きょうも、鐘の音に心を込める。

多摩区版の人物風土記最新6

清田 英彦さん

県立向の岡工業高校相撲部の監督で、5大会連続で全国総体に導いた

清田 英彦さん

堰在勤 42歳

6月24日号

溝江 光運さん

「長尾の里あじさい寺」として知られる妙楽寺で第25世住職を務める

溝江 光運さん スポーツ

長尾在住 81歳

6月17日号

菊地 徹さん

川崎市緑化センターの統括責任者を務める

菊地 徹さん

宿河原在勤 62歳

6月10日号

太田 裕子さん

保護司として「多摩区更生保護女性会」の会長を務める

太田 裕子さん

生田在住 75歳

6月3日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に先月就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月27日号

三竹 文三さん

「ばら苑アクセスロード花壇ボランティアの会」で会長を務める

三竹 文三さん

宿河原在住 83歳

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook