多摩区版 掲載号:2022年7月29日号 エリアトップへ

明大建築学科 等々力で模型お披露目 フロンタウン生田  建物と地形

教育

掲載号:2022年7月29日号

  • LINE
  • hatena
地形模型についてサポーターに説明する森下さん(左)
地形模型についてサポーターに説明する森下さん(左)

 明治大学理工学部建築学科・都市計画研究室の学生が、生田浄水場用地に来春開業する「フロンタウン生田」の建物と周辺地形の模型を制作。7月23日、等々力陸上競技場(中原区)で行われた川崎フロンターレのイベント「ファン感謝デー」で披露した。

 模型制作は同クラブからの依頼を受け、約半年かけて先月完成。縮尺100分の1の建物模型と、周辺駅や小中学校の位置も示した縮尺1千分の1の地形模型で、イベントでは学生12人が説明にあたった。

 災害時の一時避難場所にもなる同施設。丘陵地と多摩川周辺の70メートル近い高低差を、30層以上の厚紙で再現した同研究室の森下慧さん(修士1年)は「山の起伏を模型から感じてもらえたら。今後は災害時のルートを考えるワークショップにも活用してみたい」と話した。畳6畳分の建物模型を担当した魚津陽(あきら)さん(4年)は「ファンの方たちに取り囲んで見てもらえて大変うれしかった。関心の高さを改めて感じることができた」と手応えを語った。

 模型は今後、フロンターレが管理。同クラブ担当者の谷田部然輝さんは「将来的にはフロンタウンで展示したい。防災面で学生のアイデアももらえたら」と期待する。研究室の山本俊哉教授は「模型を見ながら、新たに生まれる空間やその周辺について語り合ってほしい」と思いを寄せた。

展示された建物模型
展示された建物模型

多摩区版のローカルニュース最新6

月下美人の開花、動画撮影に初成功

【Web限定記事】川崎市緑化センター

月下美人の開花、動画撮影に初成功 文化

インスタグラムで配信中

8月12日号

推薦本101冊を展示

専修大生

推薦本101冊を展示 文化

多摩図書館 8月末まで

8月12日号

試合チケットプレゼント

8月27日 川崎フロンターレ対鹿島戦

試合チケットプレゼント スポーツ

8月12日号

義援金 大使館へ

民家園通り商店会

義援金 大使館へ 社会

夏まつり経て、16万円超

8月12日号

聖なる生き物描く

岡本太郎美術館

聖なる生き物描く 文化

小松美羽展で、親子16組

8月12日号

金内さんへ感謝状

多摩署

金内さんへ感謝状 社会

盗撮容疑者を捕まえ

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook