神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2023年5月19日 エリアトップへ

登戸 レトロな呑み屋街が誕生 ピエロなど街を練り歩く

文化

公開:2023年5月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
通りかかった親子に風船を渡すピエロ=10日
通りかかった親子に風船を渡すピエロ=10日

 登戸駅から徒歩2分の場所に5月10日、「登戸ゴールデン街ビル」がオープンした。

ちんどん屋も

 当日は、ちんどん屋や法被姿の人たちがオープンを知らせるチラシを配った。また、ピエロが風船や菓子を配りながら、登戸駅や向ヶ丘遊園駅周辺を練り歩く姿が見られた。20代の頃は登戸で酒をよく飲んでいたという石井利近さん(61)は、「昭和を感じられるビルができたのはうれしい。昔ながらの呑み屋が減っていくのはさみしかった。さっそく、ビルではしご酒を楽しみたい」と笑顔を見せた。

 土地区画整理の影響により、昔ながらの呑み屋街が少なくなった同駅周辺。「古きよき時代のにぎわいが感じられる場所」をコンセプトにしたこの10階建てのビルには、各階に1店舗ずつ10の飲食店が入る。往時の商店街に入り込んでいくように、入口にはアーチを設置。タバコ店やコーヒースタンド、初代ホンダライフが置かれ、昭和レトロな雰囲気を漂わせている。

 このビルのデザインを総合プロデュースしたのは、西生田在勤の美術家・亀山裕昭さんだ。亀山さんは、「自分の作品として、自分の手を離れていく日。末永く地域に愛される場所になってほしい」と思いを語った。

登戸の老舗も

 2階に入っているそばと日本酒の店「酒縁さらしな」は、1954年に登戸に創業した老舗。土地区画整理の影響で昨年10月末から閉店していた。3代目の店主・手塚晶之さん(41)は、「昔は登戸も飲食店が多くあり、にぎやかだった。再び登戸を活気づけるビルになればうれしい」と話した。

 3階にある炭火焼き鳥店「名代 七福亭」も登戸で80年に創業。2018年からは登戸の仮店舗で営業してきた。店主の吉楽美奈子さん(52)は、「登戸の昭和の時代の雰囲気を感じながら、焼き鳥を食べに来てほしい」とほほ笑んだ。

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

仲間と初の寺ライブ

山川こうたろうさん

仲間と初の寺ライブ

還暦迎え、音楽で感謝

6月14日

食の安全考える契機に

食の安全考える契機に

多摩区で映画上映会

6月14日

「特別な12年だった」

ニック選手 現役引退 川崎ブレイブサンダース

「特別な12年だった」

6月14日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月14日

全面ペーパーレス化

川崎市

全面ペーパーレス化

学校経由のイベント告知 

6月14日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook