中原区版 掲載号:2011年3月4日号
  • googleplus
  • LINE

無差別殺傷事件を想定した訓練

刃物を持った犯人役を囲む警察官
刃物を持った犯人役を囲む警察官

 中原警察署(新井雅之署長)は1月31日、横須賀線武蔵小杉駅のバスターミナルで無差別殺傷事件を想定した訓練を実施した。

 中原消防署や東急バス(株)の協力で実施。訓練は刃物を持った男が停車中のバスに乗り込み乗客を切りつけた後、通行人に切りかかるという設定。

 110番通報を受けた警察が緊急配備を発令し、パトカーが急行。盾やサスマタを手にした警察官が駆けつけた。救出活動完了後に、刃物を振り回し暴れる犯人役を取り囲み、防具を駆使しながら一気に犯人役を取り押さえた。

 刃物や血痕の鑑識、重傷者の搬送も行われた。

 中原署では「事件はいつどこでおきるか分からない。犯人逮捕や人命救助に素早く対応できるような連携が重要」と話していた。
 

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク