中原区版 掲載号:2012年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

市民ミュージアム 考古資料450点を展示 30日から「川崎を掘る」企画

梶ヶ谷神明社上遺跡出土の大型長頸壺=市民ミュージアム提供
梶ヶ谷神明社上遺跡出土の大型長頸壺=市民ミュージアム提供

 川崎市市民ミュージアムは企画展「郷土・川崎を掘る 川崎考古学研究所の活動の軌跡」を明日30日(土)から開催する。同研究所が市内で発掘した考古資料約450点が展示され、川崎の歴史を知ることができる。

 川崎考古学研究所は、川崎が大規模開発されるなかでの遺跡保護を目的に、宮前区の持田春吉氏が1979年に設立した団体。土器や石器など2万点を超える考古資料を所蔵したが、昨年秋に閉所。公的な機関で保存・活用してほしいと、全てを寄贈した。

 同ミュージアムは「この貴重な収集品を多くの人に見てほしい」と準備を進め、企画展では縄文時代から奈良時代までの考古資料約450点を展示する。形が完全な状態の完形品も約80点あり、市重要歴史記念物に指定されている弥生時代の梶ヶ谷神明社上遺跡出土品や奈良時代の野川南耕地遺跡など貴重なものも。

 持田氏本人による記念講演や体験講座をはじめ、小学生が蟹ヶ谷古墳群で埴輪や土器の発掘を体験できるイベントも行われる。

 同ミュージアムでは「これだけの点数が展示され、川崎の歴史を知る上での主だった全貌が出てくるのは初めてでは」と話している。

 8月26日(日)まで開催。一般500円、学生・65歳以上300円。中学生以下は無料。問い合わせは同ミュージアム(【電話】044・754・4500)まで。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク