中原区版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

東住吉SCが優勝 ライオンズサッカー大会

スポーツ

体を張ったプレー
体を張ったプレー

 川崎中原ライオンズクラブ杯争奪少年サッカーが10月21日(日)、等々力緑地の補助競技場などで開催された。主催は中原区少年サッカー連盟(押本吉司会長)。

 97年より行われている同大会。小学4年生以下の10チーム(連合チーム含む)約200人が参加。山田雅幸川崎中原ライオンズクラブ会長や小野隆美中原区副区長らも訪れた。元川崎フロンターレ監督で現在は育成・普及部長を務める高畠勉さんも、「やってきたことをピッチで表現し、一つひとつ成長してほしい」とエール。

 子どもたちは全力でプレーし、熱戦を繰り広げた。PK戦にもつれる試合もあり、その展開に会場からは熱い声援が送られていた。

 東住吉SCが昨年に続き2連覇を達成。準優勝はAC等々力、3位はプルチーニFCとなった。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク