中原区版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

川崎市人口増加数 4年ぶりに1万人上回る 中原区は3892人の転入超過

社会

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 平成26年版の人口動態によると、川崎市の人口増加数が1万2千人弱となり、4年ぶりに1万人を上回ったことがわかった。特に高層マンションの建設など再開発が続く中原区の人口増加数が3892人となっており、「住宅供給が続いているので、今後も人口増加が続くのでは」と市情報統計課では見ている。

 『川崎市の人口動態』は、住民基本台帳法の届出による日本人・外国人住民の動態から、1年間の人口増減についてまとめたもので、毎年2月に発表される。

 2014年の川崎市の人口増減数は1万1812人増で、4年ぶりに1万人を上回った。内訳を見ると転入数から転出数を引いた社会増減数は7601人増で、前年より2119人増えた。具体的には転入が9万9953人に対して転出が9万2352人と、18年連続で転入が多かった。

 一方、出生数から死亡数を引いた自然増減数は4211人増で、前年より伸びは鈍かった。特徴として20代の転入が多く、出生数は1万4000人台で横ばいを維持したが、高齢化の影響で死亡数は2年連続で1万人を超えた。

約3割が中原区

 中原区の人口増加数は3892人。川崎市の増加数の約33%を占めており、2年連続で市内トップに。「中原区は武蔵小杉駅周辺の大規模な住宅供給、利便性の良さが若い世代に受け入れられた」と同課は分析する。市内の他区と比較しても自然増減、社会増減ともに中原区が多い結果となった。

 人口増加は税収の確保や街の賑わい作りなどの好循環を生むが、学校の過大規模化や保育所の不足などの課題も生まれる。

 川崎市では、2030年に市内の人口がピークに達すると見ており、その後減少が進むため、先を見据えた対策を今から検討しているという。
 

中原区版のトップニュース最新6

30年後、「脱炭素」実現へ

川崎市

30年後、「脱炭素」実現へ 経済

排出量ゼロへ戦略策定

11月27日号

「応援券」利用で活気

「応援券」利用で活気 経済

区内1169店舗が登録

11月27日号

等々力舞台に動画配信

音楽フェス「インユニティ」

等々力舞台に動画配信 文化

1月公演へ向け、PR

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

キャリア教育に「SDGs」

新城小

キャリア教育に「SDGs」 教育

富士通、オンラインで協力

11月13日号

風水害とコロナに備え

市総合防災訓練

風水害とコロナに備え 社会

避難場所分け、対応確認

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク