中原区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

市政報告 動物愛護が”哀誤”にならないように 川崎市議会議員 松原しげふみ

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 平成26年、環境省が「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」を策定し、犬猫の殺処分をできる限り減らし最終的にはゼロを目指すことを目標と致しました。本市では既に平成25年度に犬の殺処分ゼロを達成しております。26年度についても、27年2月末現在で動物愛護センターに保護・収容された犬は127頭でありましたが、飼い主への返還や新しい飼い主への譲渡を積極的に行ったり、動物愛護団体等の様々な協力により殺処分は行っておらず今年度においても殺処分数はゼロとなる見込みであります。

 動物の死体処理についてでありますが、死体処理総数については平成24年度が4956体、25年度が4825体ありました。このうち路上等(交通事故等)から収集したものは平成24年度が3292体、25年度が3249体であり、両年度共に一日平均約9体となります。また飼い主の依頼等で有料で扱ったものは平成24年度が1664体、25年度は1578体となっております。処理には費用もかかりますが、平成24年度、25年度共に約4900万円で、一体あたりの処理費用は平成24年度が約9880円、25年度は約10160円となっております。

 処理された遺骨の最終的な取り扱いについてでありますが、環境局によると「動物の死体処理については浮島処理センターの動物専門焼却炉で焼却を行っており、焼却した後の焼却灰は一般廃棄物の焼却灰と同様に浮島の最終処分場において埋立て処分を行っている」との事でありました。愛玩動物として飼われているペットが亡くなった時に、ごみ、廃棄物として焼却され、焼却した後は一般廃棄物の焼却灰と同様に浮島の最終処分場に埋立てられる事については飼い主の方も抵抗があるのではないでしょうか。この件については担当の環境局では「動物の死体処理については問い合わせがある場合その旨を丁寧に説明し、飼い主の方が愛玩動物を償却した後の遺骨等を望む場合には民間のペット葬儀社に相談頂くよう御案内している」とのことでありました。

 本市では平成30年度に新しい動物愛護センターが中原区に完成致します。これを契機にこれまでと同様の処分を改め、少なくとも一般廃棄物とは別に、埋葬することを要望致します。現に横浜市や東京23区では民間活力を用いて別途、動物専用の埋葬が行われています。他都市現状を調査、研究し真の動物愛護の先進都市川崎を目指して参ります。

松原しげふみ事務所

中原区新城5-2-3

TEL:044-751-8855

中原区版の意見広告・議会報告最新6

感染抑制のためにPCR検査を

県政報告

感染抑制のためにPCR検査を

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

10月9日号

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

市政報告vol.64

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

川崎市議会 自民党川崎市議団副団長 末永 直

10月9日号

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

川底土砂掘削工事、下水道ゲートの自動化、監視カメラ設置地など 県政報告Vol.15

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

神奈川県議会議員 川本 学

10月9日号

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

市政報告

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月9日号

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

市政レポートVol.14

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月9日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク