中原区版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

高齢者向け給付金 川崎市で受付を開始 支給額は1人3万円

社会

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
発送された申請書の封筒
発送された申請書の封筒

 川崎市は18日に高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の申請書を支給対象となる可能性のある人に発送し、受付を開始した。支給額は1人3万円。給付金を受け取るには7月19日までに申請が必要となる。

♢  ♢  ♢

 国が「賃金引上げの恩恵が及びにくい高齢者の方を支援する」という目的で実施する高齢者向け給付金。2015年1月1日時点で住民票があった市町村が申請先となる。

申請期間は7月19日まで

 同給付金の支給対象者は昨年実施された「臨時福祉給付金」の支給対象者で、2016年度中に65歳以上になる人(昭和27年4月1日以前に生まれた人)。ただし住民税が課税されている人に扶養されている人や生活保護受給者は除く。川崎市内で約9万人が対象となるとみられる。

 給付金を受け取るには申請が必要で、申請すれば1人3万円が支給される。

 川崎市の臨時福祉給付金担当は「遅くとも6月中には給付開始したい」としている。

 申請手続きは7月19日まで。市の担当者は「期限は3カ月。お早目に提出してください」と呼びかけている。

 川崎市臨時給付金コールセンター(固定電話)【フリーダイヤル】0120・092・097平日午前8時半〜午後5時15分
 

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

華道展 18年ぶり市内で

華道展 18年ぶり市内で 文化

県内23団体267点並ぶ

4月29日号

「校庭開放」モデル校設置へ

「校庭開放」モデル校設置へ 教育

市立小、全校実施めざし

4月29日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook