中原区版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

下沼部 「おうち」で多世代交流 加藤さん夫妻が自宅開放

社会

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
正子さん(右から2番目)と参加者ら
正子さん(右から2番目)と参加者ら

 地域の人たちが気兼ねなく話せる場を―。下沼部に住む加藤さん夫妻が2年前から自宅の一室を開放しているコミュニティスペース「かとさんさん」。子育て世代から高齢者までがテーブルを囲み、交流する姿が見られる。

 向河原駅から徒歩5分、3階建ての白い家の一室に毎週火曜日になると10人前後の人が集まり、コーヒーやお茶を片手に歓談している。そこはコミュニティスペース「かとさんさん」。下沼部で約60年以上暮らしている加藤孝明さん(73)、正子さん(71)夫妻が2014年から自宅を開放して設けた地域のコミュニティスペースだ。孝明さんは「家の前を様々な人が通るけれど、近くに休む所がない。高齢者の方や一人で子育てに奮闘している若い人が自由に交流できたら」と話す。自宅前に看板とチラシを置いたところ、次第に人が集まるようになり、今では70代から90代の近所の高齢者や、産休中で子連れの母親など様々な人が訪れるという。

 2年前に滋賀県から中丸子に引っ越してきたという清水真美子さん(51)も利用者の一人。「初めはどこの医者がいいかとか、情報が入って来なくて困っていた。旦那も単身赴任だったので話し相手もほしかった。ここに来たら地域に詳しい人たちとつながりが持て嬉しかった」と、仕事が休みの日には訪れるという。6カ月の幼児を連れる井上香織さん(38)は「最近は離乳食として何を食べさせるべきか分からなかったが、堅苦しく考えなくてもいいと教わった」と話す。近所に息子と2人で暮らす内田佐和子さん(83)も「色々な人と話せて楽しい」と話し、体調が良い時はできるだけ訪れるようにしている。

 区の地域見守り支援センターの担当者は「把握している限りでは、地域貢献という形で非営利で自宅開放を行っている所は珍しい」とし、もっと広めていきたい考えも示している。

 正子さんは「防犯の面など心配なことはあったが、考えすぎずにやってみることが大事。地元の皆さんがつながってくれて嬉しい」と話した。

 「かとさんさん」は毎週火曜日午前10時から午後4時まで開放。利用料200円(茶代のみ)。問合せは加藤さん(【電話】044・433・1751)へ。

中原区版のトップニュース最新6

「ストレス解消」で活気を

「ストレス解消」で活気を 社会

働く人へ、8団体が企画

9月13日号

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月13日号

初の「英語」 親しみ重視

市立小教科書

初の「英語」 親しみ重視 教育

市、13教科採択 次年度から

9月6日号

市民館貸し切り「芸術祭」

市民館貸し切り「芸術祭」 文化

体験型、25団体が企画

9月6日号

助成金低調、利用2割弱

川崎市ブロック塀撤去

助成金低調、利用2割弱 社会

制度の周知進まず

8月30日号

恩師の愛情を胸に世界へ

井田中出身岡田秀太さん

恩師の愛情を胸に世界へ スポーツ

知的障がい者フットサルで

8月30日号

初決算、計画の7割止まり

市コンベンションホール

初決算、計画の7割止まり 社会

稼動率も目標届かず

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク