中原区版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

イラク戦争などの戦地で映像を撮り続けるフリージャーナリスト・映画監督 綿井 健陽(たけはる)さん 区内在住 45歳

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena

「世に残す」使命を胸に

 ○…戦地の被害と人権にスポットを当て、主に中東各地の内戦や民族紛争の取材を続け20年。「ニュースは断片的で人々の生活が見えない」と戦争の中に生きる家族に密着した映画でも現地の様子を伝える。その活動や作品が評価され国内外で数々の賞を受けた。「映画を見た現地の方から『自分の人生をみた』と言われたのが特に嬉しかった。映像に残すことで、日本や世界の多くの人に戦地の生活を覚えていてもらいたい」

 ○…ジャーナリストを志したのは高校生の頃。「80年代後半は世界が激動した時代。ベトナム戦争の実態を知ったのが報道だったことも影響を受けた」。新聞記者を目指したが諦め、バイト生活の後、97年からフリーの道へ。まずは取材現場へと、初めて向かったのはスリランカの民族紛争。「右も左もわからない上、ケータイもネットもない時代。不安もあったけどとにかく夢中だった」。週刊誌の記事掲載に始まり、ニュースの中継リポートを機に「映像で世に残す」仕事を続ける。

 ○…大阪府出身。教員の父の影響で「父が読み終わったら自分」と、新聞をよく読む子だった。大学進学で上京し、現在の生活圏は「アクセスが良く商店街もあって便利」という中原区。全国で講演や上映会をする中、市内高校や市民向け講座など地域でも引っ張りだこだ。出張がてら大阪の実家に帰ることも。「昔は危険な地に行く自分を親が心配してたけど、今は80代の親が心配。できるだけ顔を出したいね」

 ○…イラク戦争が始まって以来、中東などで6人の日本人ジャーナリストが命を落としている。「次は自分じゃないかと思うこともあるが、一方で死んでしまってはダメだと、両方の気持ち」と複雑な心境を明かす。「フリーの仕事に引退はない。志を持っている人が続けられる仕事。なるべくたくさんの取材をして伝えることで、少しでも戦争を減らせるかもしれない」。強い意志で戦地に足を踏み入れる。

中原区版の人物風土記最新6

石川 雄大さん

アイスホッケーチーム「東京アイスバーンズ」の主将で、北京冬季パラ五輪への出場をめざす

石川 雄大さん

多摩区在住 23歳

4月9日号

川連 昌久さん

3月末に解散した「自転車と共生するまちづくり委員会」の代表を務めた

川連 昌久さん

新丸子東在住 83歳

4月2日号

パースポング マールットさん

タイ出身で、外国人市民として機能別消防団員になった

パースポング マールットさん

上小田中在住 28歳

3月26日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

区内在住 73歳

3月19日号

織戸 一郎さん

5台目の移動採血バスを先月、県赤十字に寄贈した(株)織戸組の代表を務める

織戸 一郎さん

田尻町在勤 66歳

3月12日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM(チーム) NETSUGEN(ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

高津区在勤 51歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク