中原区版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

川本学が県議会本会議において質問し、 県政報告Vol.5 来年、夏の甲子園(第一〇〇回記念大会)、神奈川県より2校出場決定! 神奈川県議会議員 川本 学

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena

 毎年、熱い戦いが繰り広げられる全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園大会は、これまで高校球児たちがひたむきにプレーする姿などを通じて、多くの人々に夢と希望、感動を与えてまいりました。

 来年2018年には、歴史と伝統を受け継ぎ、記念すべき100回目の大会を迎えることになります。

 本県の高校野球のレベルは、「神奈川県を制するものは全国を制する」という言葉で表現されるように、大変高いものがあります。これまでの実績を見ましても、私の地元、中原区にある法政大学第二高校の優勝をはじめ、これまでの優勝回数は春夏あわせて13回、準優勝は7回と、全国に誇ることができる状況です。また、高校野球で活躍した本県の高校出身の選手が、プロ野球をはじめ世界でも多数活躍しております。

 このようなことから、地元地域活動の場においても、「なぜ神奈川から高校野球甲子園大会に2校出場できないのか」と問われることが多く、高校野球に寄せる県民の想いも大変熱いものがあると考えます。

 一方、夏の甲子園の予選である神奈川大会の状況を見ますと、県内の出場校も、全国でもトップクラスの状況にあります。特に、本県は、東海大学付属相模高校をはじめ、横浜高校、桐蔭学園高校、法政大学第二高校など、全国優勝の経験がある強豪校がひしめいており、毎年、夏の甲子園への切符を求めて、熾烈な戦いが繰り広げられ、まさに全国一の激戦区と言っても過言ではないと考えます。

 私は、本県からの夏の甲子園への出場校の2校化が実現することで、より多くの高校球児に夢と希望を与えるばかりでなく、県民の高校野球への関心をさらに高めるなど、非常に大きな効果があると考えます。

 そこで県議会本会議の場において「夏の甲子園で本県からの2校出場」について教育局長に質問させて頂きました。教育局長からは「本県から2校の代表が出場できるよう、県高等学校野球連盟と連携し、日本高等学校野球連盟等の関係団体に働きかける」と答弁を頂き、結果、来年2018年(100回大会)は本県から2校出場が実現しました。

 さらに私は、「それ以降の大会でも、毎年2校の代表が出場できるよう取り組むことが必要だ」と強く要望しており、今後もしっかりと働きかけてまいりたいと思います。

川本学

中原区田尻町12

TEL:044-201-7611

http://www.nakaharaku.com/

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

中原区版の意見広告・議会報告最新6

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

100周年 〜その先へ〜

市政レポートNo.100

100周年 〜その先へ〜

健康福祉委員会委員長 原 典之

1月1日号

コロナ禍を駆けて

県政報告

コロナ禍を駆けて

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

1月1日号

道路・公園の補修依頼は写真と位置情報で

市政報告Vol.9

道路・公園の補修依頼は写真と位置情報で

川崎市議会議員 重冨たつや

1月1日号

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

市政報告vol.67

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月1日号

「住み続けたい街へ」

市政報告

「住み続けたい街へ」

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク