中原区版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

川本学が県議会本会議において質問し、 県政報告Vol.5 来年、夏の甲子園(第一〇〇回記念大会)、神奈川県より2校出場決定! 神奈川県議会議員 川本 学

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena

 毎年、熱い戦いが繰り広げられる全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園大会は、これまで高校球児たちがひたむきにプレーする姿などを通じて、多くの人々に夢と希望、感動を与えてまいりました。

 来年2018年には、歴史と伝統を受け継ぎ、記念すべき100回目の大会を迎えることになります。

 本県の高校野球のレベルは、「神奈川県を制するものは全国を制する」という言葉で表現されるように、大変高いものがあります。これまでの実績を見ましても、私の地元、中原区にある法政大学第二高校の優勝をはじめ、これまでの優勝回数は春夏あわせて13回、準優勝は7回と、全国に誇ることができる状況です。また、高校野球で活躍した本県の高校出身の選手が、プロ野球をはじめ世界でも多数活躍しております。

 このようなことから、地元地域活動の場においても、「なぜ神奈川から高校野球甲子園大会に2校出場できないのか」と問われることが多く、高校野球に寄せる県民の想いも大変熱いものがあると考えます。

 一方、夏の甲子園の予選である神奈川大会の状況を見ますと、県内の出場校も、全国でもトップクラスの状況にあります。特に、本県は、東海大学付属相模高校をはじめ、横浜高校、桐蔭学園高校、法政大学第二高校など、全国優勝の経験がある強豪校がひしめいており、毎年、夏の甲子園への切符を求めて、熾烈な戦いが繰り広げられ、まさに全国一の激戦区と言っても過言ではないと考えます。

 私は、本県からの夏の甲子園への出場校の2校化が実現することで、より多くの高校球児に夢と希望を与えるばかりでなく、県民の高校野球への関心をさらに高めるなど、非常に大きな効果があると考えます。

 そこで県議会本会議の場において「夏の甲子園で本県からの2校出場」について教育局長に質問させて頂きました。教育局長からは「本県から2校の代表が出場できるよう、県高等学校野球連盟と連携し、日本高等学校野球連盟等の関係団体に働きかける」と答弁を頂き、結果、来年2018年(100回大会)は本県から2校出場が実現しました。

 さらに私は、「それ以降の大会でも、毎年2校の代表が出場できるよう取り組むことが必要だ」と強く要望しており、今後もしっかりと働きかけてまいりたいと思います。

川本学

中原区田尻町12

TEL:044-201-7611

http://www.nakaharaku.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

多摩川水害の克服を

市政報告vol.52

多摩川水害の克服を

自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月8日号

台風19号から2週間

市政報告Vol.5

台風19号から2週間

川崎市議会議員 松川正二郎

11月1日号

相鉄線が、JR横須賀線・武蔵小杉駅乗り入れへ

市政レポート

相鉄線が、JR横須賀線・武蔵小杉駅乗り入れへ

自民党川崎市議団 原 典之

11月1日号

台風被害を受けて市長へ緊急要請を実施

市政レポートNo.118

台風被害を受けて市長へ緊急要請を実施

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

10月25日号

被害を繰り返さないために

市政レポートVol.4

被害を繰り返さないために

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月18日号

必見!幼保無償化の裏側。川崎市と国とで実は財源をめぐる熾烈なバトルが繰り広げられていた!

「2025年問題」到来も、誰もがいきいき暮らせる社会へ

市政レポート

「2025年問題」到来も、誰もがいきいき暮らせる社会へ

自民党川崎市議団 原 典之

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク