中原区版 掲載号:2017年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市・鉄道事業者 エスカレーター「歩かないで」 武蔵小杉駅で呼びかけ

社会

利用者に周知図る市職員ら(川崎駅)
利用者に周知図る市職員ら(川崎駅)
 「エスカレーターに乗ったら、歩かずに手すりにつかまって―」。片側歩行が慣例化しているエスカレーターの適正利用を呼びかけようと、川崎市は今月、鉄道事業者らとともに武蔵小杉駅などでキャンペーンを行った。

 エスカレーターは現状、片側は手すりにつかまって立ち止まり、もう片側は歩行用として空けて利用するのが慣例化している。しかし、一般社団法人日本エレベーター協会では、ホームページ上で「エスカレーターでの歩行は禁止」と呼びかけている。

 エスカレーターでの事故やトラブルは度々発生しているという。JR東日本によると、「酒酔い状態で歩行しバランスを崩して転倒する」、「転倒したことにより他の利用者を巻き込みケガをさせる」、「片側を歩く人の荷物が子どもにぶつかりケガを負わせる」などのケースが多く、状況によっては大きな事故にも繋がりかねないと指摘する。

 川崎市では、2009年から毎年エスカレーターの適正利用を呼びかける取り組みを行っている。昨年は、全国の鉄道事業者らと共催し「みんなで手すりにつかまろうキャンペーン」を実施し、市民や利用者への啓発を強化。今年も8月9・10日に、川崎駅と武蔵小杉駅でチラシの配布やプラカードなどで適正利用を呼び掛けた。市の担当者は「夏休み期間ということもあってか、旅行バッグを横に置くなど呼びかけに応じた利用がみられた。しかし、課題は朝の通勤・通学のラッシュ時や混雑時。取り組みを継続し、徐々に浸透させていくしかない」と話す。

 市内では、2007年に川崎駅のエスカレーターで利用者が足を負傷する事故、2014年には武蔵小杉駅のエスカレーターが逆走し多数のケガ人も発生している。特に武蔵小杉駅は近年の人口の増加に伴い利用者が激増しており、事故を防ぐためのマナー順守が求められている。JR東日本の広報担当は「利用者の中には、障害があったりギプスにより片手が使えないなどの理由で、片側の手すりしか利用できない人がいる。子連れの方にも配慮し、歩かず手すりにつかまり利用する必要性をご理解いただきたい」としている。

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク