中原区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

中原区文化祭を主催する中原文化協会の会長を務める 内海 陽雪(ようゆき)さん 宮内在住 

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

陽気で謙虚な舵取り役

 ○…「多種多様で企画がすばらしい。来てよかったと思える時間になると思う」。中原区文化協会の会長として、今年も一大イベントに臨む。準備の段階で手ごたえはバッチリのようで「年々内容が良くなっている」と太鼓判を押す。さらに、「小杉を中心に中原区は新住民が増えている。市民館、文化協会を知らないという人も多いと思うので、『この街には多彩な文化がある』ということを知ってもらいたい」と意気込む。

 ○…母が日本舞踊・内海流の本部師範だったこともあり、踊りの世界に足を踏み入れるのは自然の流れだった。学生時代はモダンダンスを学び、その後は民謡、群舞、古典などを経験。現在は母の後を継いで内海流の本部師範として活躍する。ここまで踊りを続けられるのは「人に喜んでもらえるから」ときっぱり。「それに、日本舞踊はきれいな着物を着て、歳や性別に関係なく役になりきれる。舞台に立って感情を表現するのも魅力の一つ」と話す。

 ○…生まれは品川区。父親の仕事の関係で大学卒業後に中原区に移り住んだ。夫、娘、息子の4人家族で、娘とは日本舞踊で同じ舞台に立つことも。陽気な性格の持ち主で、学生時代のあだ名は「社長」。「部長よりも、いざという時に頼りになるからだって」と照れ笑い。「今は、お弟子さんに『この人が先生です』と紹介された時に、恥ずかしくない人間でありたいと思っている。それは会長でも同じことね」と話す。

 ○…文化協会の会員になったのは20年ほど前。きっかけは中原区文化祭だった。「舞踊を地域に広めたいという気持ちもあったし、一緒に活動したいと思った」と入会を決めた。「尊敬できる先生ばかりで、勉強になる」と会長になった今でも、謙虚な姿勢で会の舵を取る。今年の文化祭を終えると、来年はいよいよ節目の50回を迎える。「来年のためにも、今年の文化祭は重要。『来年も来たい』と思わせる祭りにしたい」

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook