中原区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

小杉若葉通り会 街路灯に、長寿命のLED (株)信夫設計が開発、市内初導入

社会

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
LED化が進む小杉若葉通りと山口会長
LED化が進む小杉若葉通りと山口会長

 小杉若葉通り会(山口弘明会長)は3月12日、街路灯に長寿命のLED照明を導入した。これは(株)信夫設計(小杉町)が開発した商品で、その寿命は従来の約5倍。今後、自治会などの運営費の負担軽減にもつながりそうだ。

 長寿命LEDを開発した(株)信夫設計(佐藤秋宏社長)は、プリント基板設計を専業とする創業50年の地元企業。2010年からLED事業に着手し、通常の電源回路となる電解コンデンサを使用しない新たな回路を開発し、従来よりも約5倍長い20万時間もの寿命を可能にした。ちらつきのない快適な光も特長で、平成29年川崎市ものづくりブランドにも認定され、現在特許を出願中という。市内で導入されるのは今回が初。

負担軽減に期待

 小杉若葉通り会では12日から全44基の街路灯をこのLEDに切り替え、4日間ほどで完了する予定。導入にかかる初期費用は約120万円の負担となるが、電気代はこれまでの3分の1ほどになり、年間20万円近く削減できる見通しという。

 近年ではLEDの品質が問われ、設置から僅か数年で照明が消えてしまうトラブルも増えているという。山口会長は「長寿命ならではの10年間保証もあり、長期的に見れば大きなコスト削減になる。交換する負担も軽減できる」と期待する。

 武蔵小杉駅と等々力陸上競技場を行き来する人が多く、来年には近くに小学校が新設される通りとあって、「歩行者や地域の方にも快適に感じてもらえるのでは」と山口会長。

 同社の佐藤社長は「地元で50年事業を続けてきて、まさかこの街で自社の製品が使われるとは思わなかった。今後販路を広げ、経費の負担軽減につなげるお手伝いができれば」と話した。

商品を手にする佐藤社長
商品を手にする佐藤社長

中原区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

避難所に担架・簡易ベッド

中原区予算案

避難所に担架・簡易ベッド 社会

資器材を整備、補充へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク