中原区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

新設小杉小 児童の思い校章に 今井小、西丸子小6年がアイデア

教育

児童らのアイデアが詰まった校章
児童らのアイデアが詰まった校章
 来年4月に開校予定の「小杉小学校」(小杉2丁目)の校章デザインが決定し9月5日、発表された。今井小学校と西丸子小学校の6年生ら約200人からアイデアが寄せられ、子どもたちの思いが詰まったデザインとなった。

 校章は「人と人が繋がる温かな雰囲気の学校」というコンセプトで、中原区の花・パンジーと学校名である「小杉」を組み合わせ、そこに多様な人が集いつながり合うイメージのデザインに仕上がった。

 市教委は今年6月、今井小と西丸子小の6年生児童らからアイデアを募集。色鉛筆で手書きのデザイン画や新設小学校に対する考えや思いを表した言葉などがおよそ200人から集まった。その中で「小杉」の漢字を使ったもの、人が繋がったり手をつないだりするイメージ、区の花であるパンジーをモチーフにしたものなどが多かったことから、これらの要素を取り入れて最終的にデザイナーによって制作された。

 西丸子小では「学区が分かれてしまうため、離れ離れになる友達を思って、校章に込めた思いを知ってほしい」と、市教委提出前に昇降口に張り出し、全校生徒が閲覧できるように。伊東芳男校長は「集まった作品にはそのまま使えそうな力作もあり、みんなの考えや気持ちを感じることができたのでは」話していた。

 小杉小の通学区域は小杉2丁目と3丁目全域。来年4月から今井小と西丸子小の該当児童が通学する。特例として新5・6年生とその兄弟姉妹は通学する学校を選択できる措置をとる。また、3丁目の一部地域では交通の危険性から東住吉小への変更も可能とされている。現在建設工事中で、年末に完成予定。

西丸子小に貼り出されたデザイン画
西丸子小に貼り出されたデザイン画

中原区版のトップニュース最新6件

歓喜のリーグ2連覇

川崎F

歓喜のリーグ2連覇

11月16日号

運用43カ所 想定の半数

川崎市寺子屋事業

運用43カ所 想定の半数

11月16日号

サイクリングで高齢者支援

丸子地区社協

サイクリングで高齢者支援

11月9日号

後継ぎ不足、廃業に「待った」

市、商議所など4者

後継ぎ不足、廃業に「待った」

11月9日号

「危険な塀」撤去に新補助金

姥捨山題材に記念公演

京浜協同劇団

姥捨山題材に記念公演

11月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

無病息災を祈願

成就院

無病息災を祈願

11月20日 団子大師法要

11月20日~11月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク