中原区版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

富士通川崎工場 消火用具設置で地域防災に協力 中原消防署で宣言式

社会

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena
宣言書を交わした谷署長(中央左)と山口工場長代理(中央右)
宣言書を交わした谷署長(中央左)と山口工場長代理(中央右)

 富士通川崎工場(上小田中)が地元のための消火ホースキットを正門と裏門の2カ所に1台ずつ、計2台を設置したことを受けて、中原消防署(谷芳之署長)で9月12日、中原区地域防災協力に関する宣言式が行われた。

 設置された消火用具は、事業所周辺の自治会や町内会の求めに応じて、火災の発生時や消火訓練の際に貸出を行う。

 式典では、谷署長と山口工場長代理が宣言文書に署名。谷署長から「中原区地域防災協力事業所」と記載された看板が贈られた。

 消火ホースキットは、消火栓に直接接続して初期消火を行うための資機材で、台車付きでそのまま移動できる消火用具のこと。

 大規模災害に備えて、中原消防署が区内の各町内会や自治会に対し設置を呼び掛けていたが、購入資金や設置場所の不足を理由になかなか普及していない現状があった。

 谷署長は「企業として地域防災に協力いただけるのは、本当にありがたい」と感謝を述べた。消防署は、今後は取り扱い訓練を積極的に実施していく予定だという。

 社内に独自の消防隊を組織する富士通川崎工場の山口さんは「地域との共生なくして企業活動なしという理念で、長年取り組んできた。日々の積み重ねがこのような形になって嬉しい。これを機に地元との更なる防災連携を考えていきたい」と話していた。

中原区版のローカルニュース最新6

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的行動などを例示

3月27日号

斜面点検「危険なし」

斜面点検「危険なし」 社会

市が1072カ所を調査

3月27日号

計画運休で保育所閉園へ

計画運休で保育所閉園へ 社会

川崎市が検討

3月27日号

南武線にトーマス合体

南武線にトーマス合体 社会

英国キャンプをPR

3月27日号

新型コロナで緊急要望書

新型コロナで緊急要望書 政治

公明党川崎市議団

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク