中原区版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

すみよしUHC(ユニバーサルホッケークラブ) 4年生チーム 地域一丸で全国V チームワークを力に

スポーツ

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
笑顔をみせるメンバー
笑顔をみせるメンバー

 区内の「すみよしユニバーサルホッケークラブ」の4年生チームが、今月9日に八王子市で行われた全国ネオホッケー大会(日本フロアボール連盟主催)で優勝した。保護者、学校、地域が一丸となり栄光を掴んだ。

 ユニバーサルホッケー(フロアボール)とは、1チーム6人制でプラスチック製のスティックを手にボールを奪い合い、得点を競うスポーツ。アイスホッケーを室内のフロアで行えるようにした競技で、年齢問わず楽しめるのが魅力だ。

 優勝した4年生チームのメンバーは、東住吉小など区内の小学校に通う児童10人。全国から22チームがエントリーした予選リーグを突破すると、トーナメント戦も勝ち進み優勝を決めた。キャプテンの山下賢剛君(東住吉小4年)は「優勝した瞬間はみんなで喜びあった。保育園からの幼馴染みも多くチームワークが良かった」と笑顔をみせた。代表の山下孝子さん(51)も「練習の時以上のパフォーマンスをみせてくれた」と目を細めた。

 クラブが発足したのは2003年。当時こども文化センターで行われていたミニホッケーが打ち切りとなり、存続を願う声を受けて山下さんが立ち上げた。今では小学生40人の他、中学生や成人も所属。東住吉小の体育館などを借り、毎週、1日数時間の練習に励む。

 児童の指導にあたる監督やコーチは、メンバーの保護者らが中心。クラブの卒業生らもサポートに加わる。「保護者、地域が一丸となって掴んだ優勝。学校の理解もあってこそ」と山下さん。15日には東住吉小の教員らに優勝を報告。志村辰也校長からは「当校の体育館で練習し全国を制したのは嬉しい。今後も頑張って下さい」と労いの言葉が贈られた。

 2020東京五輪の公式種目の候補にもあがったこの競技。山下さんは「日本での認知度はまだ低い。地元から周知を図りたい」と力を込めた。

中原区版のトップニュース最新6

パートナー制、7月導入へ

パートナー制、7月導入へ 社会

答申受け市長が明示

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

住宅地の上昇率、県3位

地価公示中原区

住宅地の上昇率、県3位 社会

台風被災地は伸び鈍化

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

レジェンド 最後の騎乗

川崎競馬場森下騎手

レジェンド 最後の騎乗 スポーツ

観客不在も笑顔みせ

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク