中原区版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

市立橘高校バレー部 3年ぶり男女で「春高」へ 女子は全試合ストレート勝利

スポーツ

 全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)につながる県予選会が11日、小田原市で行われ、市立橘高校(中丸子)女子バレー部が優勝し出場を決めた。男子は準優勝で、2位までに与えられる出場権を獲得、3年ぶりに男女揃って全国の舞台に立つ。

 女子バレー部は決勝戦で三浦学苑高校と対戦。25対17、25対22のスコアで勝負を決め、3年ぶり13回目の頂点に立ち、24回目の春高出場を決めた。初戦から全試合すべてストレート勝利するという強さを見せた。

 昨年の大会には、2年生だった選手も出場した同チーム。経験を積んだ選手たちが多く、3年生になって結果に表れた。セッター若林咲葉さんとエース新井菜月さんのコンビバレーが特長のチームで、春高バレー初の頂点をめざす。キャプテンも務める新井さんは「昨年は悔しい思いをしていたので、とても嬉しかった。まずはベスト8をめざす」と目標を語った。坂本誠二監督は「競った場面でも要所を抑え、力を発揮してくれた」と選手を称えた。

粘りの勝利で出場切符

 同じく予選会準決勝まで進んだ男子バレー部は、4度春高バレーに出場している弥栄高校と対戦した。1セット目を落とし、2セット目も4対11と点差を付けられる展開となったが、得意のレシーブでねばりを見せ逆転。3セット目を奪い出場権を獲得した。キャプテンの堀内陸斗さんは「決して身長の高い選手ばかりではないが、ねばりのレシーブとセンター戦が特長のチーム。勝てる試合を落として悔しかった」と話し、全国ではベスト8以上を目標に掲げた。

 中村進太朗監督は「気持ちを大事にしているので、強気で挑むことで相手に勝つことができた。遠のいた出場が叶って良かった」と振り返る。

 決勝戦はフルセットまで持ち込んだが、最後は3点差で東海大相模高校に負け準優勝に終わった。中村監督は「気を引き締めて練習して全国に臨みたい」と決意を語った。

 同校は伝統的に男女の練習時間帯を同じにし、ウォーミングアップのトレーニングまでは一緒に行っている。坂本監督は強さの理由を「男女揃って練習することで、お互いに切磋琢磨できるところ」と話している。
 

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療

4月19日号

児童500人「横断」に対策

向河原駅前踏切

児童500人「横断」に対策

4月19日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に

4月12日号

自民、24年ぶり4議席

中原区市議選

自民、24年ぶり4議席

4月12日号

初の合同入社式

川崎中原工場協会

初の合同入社式

4月5日号

家庭ごみ回収に民間力

川崎市

家庭ごみ回収に民間力

4月5日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク