中原区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

区・消防・警察 安全安心「『MEZASHI(めざし)』ます」 3署連携で業界誌も注目

社会

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
『近代消防』の取材を受けるMEZASHIの3人
『近代消防』の取材を受けるMEZASHIの3人

 中原区の「MEZASHI」が注目を集めている。今月7日には、消防関係の専門雑誌『近代消防』が取材に訪れた。同誌編集長の中村豊さんは「全国的に見ても、管轄の違う3署が揃うのは珍しい」と話す。

 「MEZASHI」は中原区の安全・安心を「目指し」、消防・警察・区役所の連携した取り組みをPRするため、向坂光浩区長、中原消防署の谷芳之署長、中原警察署の則次誠二郎署長の3人で結成されたユニットだ。

 いちばん年上の谷消防署長(60)はブルドーザーのごとく前に切り拓き突き進む長男、向坂区長(58)は冷静な次男、則次警察署長(56)はやんちゃな末っ子の三男というキャラクター設定。

 結成のきっかけは、昨年11月に開催された中原区消防防災フェア。その際一日消防署長を務めた、川崎市出身の3人組ロックバンド「SHISHAMO」にちなんで結成された。「今までの固いイメージから親しみやすいイメージに変えたい。行政や消防、警察がより近く面白いねと思ってもらえれば」と谷消防署長。

 親しみやすさの一つとしてこだわっているのが「MEZASHI」のロゴマークだ。デザインはSHISHAMOと同じデザイナーが手掛け、横串のイラストで3署の一体感を示している。ステッカーやタオルなどのグッズも製作しており「今後、区民にも浸透できるよう考え中」とのこと。

 向坂区長は「今後も交通安全、防災キャンペーンでMEZASHIを『根差し』ていきたい」。則次警察署長は「警察署は近寄りがたいイメージがあるが、3署連携することで親しみやすくなれば」と話す。今後もその活躍に期待だ。

ロゴマークを掲げ雑誌の撮影。(中央左から)向坂区長、谷消防署長、則次警察署長
ロゴマークを掲げ雑誌の撮影。(中央左から)向坂区長、谷消防署長、則次警察署長

中原区版のローカルニュース最新6

江川沿い泳ぐ鯉のぼり

江川沿い泳ぐ鯉のぼり 文化

風物詩、6年ぶりに復活

4月9日号

聖火リレー 市内6月30日に

聖火リレー 市内6月30日に スポーツ

最高齢ランナー五島さん意欲

4月9日号

アーケード、実際は開くの?

まちの「はてな」に迫る【2】

アーケード、実際は開くの? 文化

武蔵新城の商店街

4月9日号

事故ゼロへ、地域一丸

事故ゼロへ、地域一丸 社会

春の交通安全運動

4月9日号

U25で「地元」考える

U25で「地元」考える 社会

市内の若者集う初会合

4月9日号

北京に向け強化合宿

パラアイスホッケー

北京に向け強化合宿 スポーツ

市内在住 石川さん参加

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク