中原区版 掲載号:2019年2月15日号
  • LINE
  • hatena

区・消防・警察 安全安心「『MEZASHI(めざし)』ます」 3署連携で業界誌も注目

社会

『近代消防』の取材を受けるMEZASHIの3人
『近代消防』の取材を受けるMEZASHIの3人

 中原区の「MEZASHI」が注目を集めている。今月7日には、消防関係の専門雑誌『近代消防』が取材に訪れた。同誌編集長の中村豊さんは「全国的に見ても、管轄の違う3署が揃うのは珍しい」と話す。

 「MEZASHI」は中原区の安全・安心を「目指し」、消防・警察・区役所の連携した取り組みをPRするため、向坂光浩区長、中原消防署の谷芳之署長、中原警察署の則次誠二郎署長の3人で結成されたユニットだ。

 いちばん年上の谷消防署長(60)はブルドーザーのごとく前に切り拓き突き進む長男、向坂区長(58)は冷静な次男、則次警察署長(56)はやんちゃな末っ子の三男というキャラクター設定。

 結成のきっかけは、昨年11月に開催された中原区消防防災フェア。その際一日消防署長を務めた、川崎市出身の3人組ロックバンド「SHISHAMO」にちなんで結成された。「今までの固いイメージから親しみやすいイメージに変えたい。行政や消防、警察がより近く面白いねと思ってもらえれば」と谷消防署長。

 親しみやすさの一つとしてこだわっているのが「MEZASHI」のロゴマークだ。デザインはSHISHAMOと同じデザイナーが手掛け、横串のイラストで3署の一体感を示している。ステッカーやタオルなどのグッズも製作しており「今後、区民にも浸透できるよう考え中」とのこと。

 向坂区長は「今後も交通安全、防災キャンペーンでMEZASHIを『根差し』ていきたい」。則次警察署長は「警察署は近寄りがたいイメージがあるが、3署連携することで親しみやすくなれば」と話す。今後もその活躍に期待だ。

ロゴマークを掲げ雑誌の撮影。(中央左から)向坂区長、谷消防署長、則次警察署長
ロゴマークを掲げ雑誌の撮影。(中央左から)向坂区長、谷消防署長、則次警察署長

中原区版のローカルニュース最新6件

進級・卒業を祝う

学習支援事業

進級・卒業を祝う

3月22日号

難局越え堂々の舞台

なかはらミュージカル

難局越え堂々の舞台

3月22日号

ACL制覇へ、執念の勝利

川崎フロンターレ

ACL制覇へ、執念の勝利

3月22日号

事業承継に必要なことは?

桃の里復活へ、伝統の催し

総合科学高が校外写真展

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク