中原区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

市政報告NO.53 「ずっと住み続けていたいと思う街」の実現に向けて【1】 川崎市議会議員 松井たかし

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 中原区の人口は、本年1月1日現在258542人であり、平均すると毎年約3500人ずつ増えています。(平成27年〜平成31年の1月1日現在の人口で比較)また、現在も武蔵小杉駅周辺では、高層マンションが建設・計画されており、今後も人口が増えていくことが見込まれています。

 私は、私が住む中原・川崎の街を、「7つのプラン」(表を参照)で、「住みたい街」はもとより、「ずっと住み続けていきたいと思う街」を実現するために取組んで参りたいと考えています。その中でも具体的な施策として、【1】区民の大切な足であるJR南武線、主要ターミナル駅に変貌した武蔵小杉駅の混雑緩和と安全対策、【2】急増する子育て世代が安心して働くことのできる、保育施設などの整備・充実、【3】大地震や洪水、都市型水害など、災害発生時に安全を確保できる基盤整備については、待ったなしの状況であり、一刻も早く実現させなければなりません。

 はじめに、【1】区民の大切な足であるJR南武線、主要ターミナル駅に変貌した武蔵小杉駅の混雑緩和と安全対策についてです。この施策については、これまでも取組んできています。しかしながら、安全対策については、カラーサイコロジーラインが整備されたものの、ホームドアの設置については、いまだ具体的なスケジュールが示されていません。混雑するホームで事故が起こる前に、一刻も早く設置しなければなりません。また、今後も人口が増え続ける状況では、さらに混雑することが見込まれます。このため、ホームの拡張や車両の混雑緩和策である通勤時間帯の増便、長編成化等についても、早期に実現させなければなりません。

 私は、「明るく、安全で、安心して暮らせ、ずっと住み続けていきたいと思う街」の実現のため、勇往邁進、取組んで参ります。

 ※【2】、【3】については、次号で報告します。

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

https://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

ドローン等活用した危険な崖地等の防災に資する調査を充実せよ(前編)

市政報告vol.71

ドローン等活用した危険な崖地等の防災に資する調査を充実せよ(前編)

川崎市議会議員 末永 直

4月9日号

予算審査特別委員会で質問しました

市政レポートVol.17

予算審査特別委員会で質問しました

川崎市議会議員 吉沢 直美

4月2日号

クラスターの温床、大阪と同じ轍を踏むな

市政レポートNo.131

クラスターの温床、大阪と同じ轍を踏むな

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

4月2日号

新型コロナウイルスワクチン接種体制構築へ

市政レポートNo.102

新型コロナウイルスワクチン接種体制構築へ

前健康福祉委員会委員長 原 典之

4月2日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

ホームレスが減っている川崎市本市の自立支援活動の取り組み

市政報告

ホームレスが減っている川崎市本市の自立支援活動の取り組み

川崎市議会議員 松原しげふみ

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter