中原区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

フロアボール男子U―19競技への情熱、幼い頃から 東住っ子、世界で健闘

スポーツ

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
(左から)金子さん、坂詰さん、田上さん
(左から)金子さん、坂詰さん、田上さん

 「すみよしユニバーサルホッケークラブ(山下孝子代表)」に所属する男子高校生3人が5月8日から、カナダで開催されたフロアボールの世界大会にU―19日本代表として出場した。接戦で敗れたものの健闘をみせた。

 フロアボールは、室内コートで行うアイスホッケーに似たスポーツ。1チーム6人制で、スティックを用いてプラスチック製のボールを奪い合いながら、相手ゴールを狙う。試合中の選手交代が多く、全力プレーによるスピード感が魅力の一つ。

 日本代表はアジアオセアニア予選を1位で通過。迎えた本選ではロシア、ポーランド、アメリカにそれぞれ1点差で惜しくも敗退。最終のニュージーランド戦で圧勝し、参加16カ国中15位となった。

 東住吉小学校を拠点に活動する同クラブから代表入りしたのは、坂詰友一朗さん(17)、田上凱さん(16)、金子耀さん(16)の3人。主将の坂詰さんは「前回よりいい成績で良かったが、惜しい戦いが多かった。体力など、終盤の粘り強さが課題」と振り返った。田上さんは「初の海外遠征で、体格差など不安や緊張があった。実際にプレーしてみたら、(海外選手に)追いつけそうな気がした」と手応えを語った。

 3人は東住吉小学校出身で、同校の体育館で幼い頃からフロアボールを始めた。金子さんは競技の魅力を「バスケと同じくらい試合展開が早いのに、点がなかなか入らないところが面白い。だからこそ、より得点への意欲が湧く」と話す。

 同クラブは、2003年に当時の小学生約10人とその保護者で発足。現在は小中高生がおよそ50人所属するほか、幼児や大学生、大人もプレーできるチームだ。女子の日本代表に選ばれた選手も所属しており、自由な雰囲気ながら実力者を輩出している。

 子どもたちを長年指導する山下コーチは「この競技が子供のころから好きで、ずっと続けている子が多い。楽しく練習できていることが、長く続けられる要因では」と話している。

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

免許返納、前年同期比1.5倍

中原区内

免許返納、前年同期比1.5倍 社会

全国での事故受け

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

転落防止に「音と光」

JR横須賀線武蔵小杉駅

転落防止に「音と光」 社会

センサー、11月設置へ

8月9日号

洪水対策、ドローン活用へ

川崎市

洪水対策、ドローン活用へ 社会

民間実験に河川提供

8月2日号

個人会員化で再始動

小杉駅周辺エリマネ

個人会員化で再始動 社会

「顔の見える関係づくり」継続

8月2日号

夏祭りで「ふるさとづくり」を

玉川地区

夏祭りで「ふるさとづくり」を 文化

赤字覚悟、子どもたちのために

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク