中原区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

東京2020大会 聖火リレー、中原区で出発式 来年7月、等々力陸上競技場

スポーツ

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
前回大会で川崎区を通過する聖火ランナー(上)/前回の聖火リレーの市内ルート(写真と資料は神奈川県立公文書館所蔵)
前回大会で川崎区を通過する聖火ランナー(上)/前回の聖火リレーの市内ルート(写真と資料は神奈川県立公文書館所蔵)

 東京五輪2020大会の聖火リレーのルート概要が6月1日、同組織委員会から発表され、中原区を通過することが分かった。来年7月1日(水)に等々力陸上競技場(中原区)で出発式を行い、横浜市の赤レンガ倉庫を目指す。市内を聖火が通過するのは1964年の大会以来。中原区は初めて。

 聖火は、来年3月26日に福島県を出発。全国47都道府県を駆け巡る。神奈川県内を走るのは、6月29日(月)から7月1日(水)までの3日間。箱根町を出発し、日本遺産に登録された伊勢原市の大山やセーリング競技の会場となる江の島、古都鎌倉の中心に位置する鶴岡八幡宮などを巡り、3日目の出発式を等々力陸上競技場で行う。その後、サッカーや野球、ソフトボールの競技会場となる横浜国際競技場・横浜スタジアムの周辺を通過して、横浜赤レンガ倉庫で最終ランナーの到着を祝う予定だ。

 聖火ランナーが川崎市を通過するのは、前回東京五輪が開催された1964年以来、56年ぶり。当時の聖火リレールートは、箱根を出発し、海沿いの湘南エリアを通過。横浜市鶴見区から川崎区へと入り、市役所に寄った後、第一京浜を上り、六郷橋を渡って都内へと向かった。

関東労災病院 市民公開講座

大腸がん・がん患者へのサポート・食事について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

7月19日号

毎月1日、「児童見守り」へ

警察・区・消防三者連携

毎月1日、「児童見守り」へ 社会

登戸の事件受け

7月19日号

外国人相談窓口を拡充

川崎市

外国人相談窓口を拡充 社会

11言語で対応 7月中めど

7月12日号

小学生に寸劇「万引きダメ」

新城高校演劇部

小学生に寸劇「万引きダメ」 教育

社会の善悪示す

7月12日号

秋の4連休 今年も

川崎市立校

秋の4連休 今年も 教育

保護者、教員に「有休」促す

7月5日号

武蔵中原駅に返却ボックス

市立図書館

武蔵中原駅に返却ボックス 社会

通勤、通学時の利用促す

7月5日号

「園庭なし」4割超

認可・認定保育施設

「園庭なし」4割超 社会

市、公園混雑に「対策探る」

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サマフェスで「黒字めざせ」

平間小6年生

サマフェスで「黒字めざせ」

出店通して地域交流を

7月20日~7月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク