中原区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員 橋本 憲明さん 木月伊勢町在住 69歳

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

地域と子どもの橋渡し役に

 ○…子どもの虐待防止を訴えるのに最適なイベントということを伝えたい思いが強い。3年前に川崎コースが新設され新日本学園もコースに決まった時から、PRのため地元商店街や町内会を奔走する。「最初から皆さん快く協力してくれている。旗を振る人が増え、応援の横断幕を寄贈して頂くのは、ありがたい」。10月27日に開催されるたすきリレーを心待ちにする。

 ○…母親と離別後、小学4年生の時に父親を事故で亡くし、身寄りのない子どもを預かる「新日本学園」に入所。中学生の時、県内の生徒による発表会に畳一畳分の版画を出品したところ、県知事賞を受賞。学園の風景と園歌を彫った大作だった。「当時は中卒で働く人が多かったけど、美術学校に通うことができた。受賞がきっかけで学園の理事長に支援して頂いたおかげ。デザインも学べたし仕事に役立った」。感謝の気持ちは、職員として戻った大きな理由だ。

 ○…卒園後、区内を離れることもあったが、学園の近くに夫妻で長く住む。「近くにいることで学園の行事にはカメラマンとして、ずっと携わっている」。現在は、地域住民と子どもの橋渡し役を担う。「交流を深めることで社会に出た時、役に立つ」ときっぱり。「神輿担ぎや盆踊りでの太鼓叩き、夜回りなど若い力は住民から喜ばれている。町内会に入る人は少ないけど、私もこの歳で、青年会で活動している。街を元気にしたいからね」

 ○…「施設に入所する子どもの多くは虐待によるもの。虐待防止の啓発はもっと必要。リレーも手段の一つだよね」。虐待に対する世間の関心は高まっていると感じているが、全く無くならないことを懸念している。「街を豊かにし、人と人との絆が強くなれば虐待は無くなるはず。そんな街づくりの力になりたい」

中原区版の人物風土記最新6

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

高津区在住 78歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月1日号

熊田 力丸(りきまる)さん

全国高校ラグビー大会に出場する東京高校ラグビー部のキャプテンを務める

熊田 力丸(りきまる)さん

下小田中在住 18歳

12月20日号

草壁 悟朗さん

11月1日付で、川崎商工会議所の会頭に就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

12月13日号

太田 猛彦さん

2019年度川崎市文化賞を受賞した「かわさき市民アカデミー」の学長

太田 猛彦さん

今井南町在勤 77歳

12月6日号

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区在勤 57歳

11月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク