中原区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役 重田 洋一さん 上丸子山王町在住 50歳

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

活動の源は「地元愛」

 ○…10月の台風19号により、上丸子山王町に構える自社の家屋が浸水被害に見舞われた。60年以上、地元で水道や道路の公共工事を手掛けてきた責務もあり、翌朝から約10日間にわたって自らのの重機を稼働させ、周辺道路の泥の撤去作業にあたった。副会長を務める川崎建設業協会でも会員企業と協力し、家庭から出された災害ごみの撤去にあたった。「緊急時だから、作業しながらその場で段取りを決めて。とにかく人手が必要で同業の仲間にも助けられたよ」と振り返る。

 ○…大学卒業後、一度は小売業に就職。二代続く家業を継ぐ予定はなかったが、転機は20代半ばのとき。大好きだった初代の祖父から、亡くなる直前「いつ戻るんだ?」と言葉を掛けられた。「自ら親父に頭を下げて、一社員として履歴書を持っていってね。最初は仕事のことが分からず、よく怒られたもんだよ」。そんな父も31歳のとき他界。父に代わって三代目の代表に就き、現場から営業までをこなした。「厳しい時期もあったけど、親父の代から支えてくれた社員たちは宝物」と思いを込める。

 ○…趣味はサーフィンとゴルフで、週末には仲間と房総半島や湘南に出掛ける。「仕事も遊びも全力だね。特にサーフィンは1年中。波に乗る時間は無心になれるんだよ」と笑みを浮かべる。地元が好きで「お祭り男」。「毎年、日枝神社の例大祭で皆で神輿を担ぐのが楽しみ」と笑う。

 ○…今後も、武蔵小杉駅周辺のインフラの立ち合い検査や回収した残土の処理など、復興作業がまだ続く。「今回の教訓を生かして、防災計画を深めていく必要があると痛感した。行政と地域の諸団体が、もっと密に手を取り合わないと。地元企業の専門性を活かして協力していきたい」。
 

044-744-3261

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

NECレッドロケッツ 

11/23・24 ホームゲーム(川崎大会)のチケット・イベント情報はHPへ!

http://w-volley.necsports.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク