中原区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

新年会賀詞交換会

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

■協同組合武蔵小杉商店街・武蔵小杉周辺再開発協議会

 地元議員や企業、商店街関係者ら約100人が出席するなか挨拶にたった大野省吾理事長は、開発が進む小杉町3丁目東地区(サードアベニュー)が今年7月に誕生することに触れ「小杉周辺では7つ目の商業ビルが完成する。住民が増え、商店街が一層活気づくことを願う」と期待を込めた。一方、府中街道の拡幅で商店が減少していることに危機感を示し「商店街の方向性を考えていかなければならない」と話した。総合自治会館移転後の跡地については「有効活用できるよう議論を継続していくべき」と訴えた。(1月21日、ホテル精養軒)

■原典之市議

 来賓や支援者ら約500人が出席。原市議は昨年の台風による浸水被害で消防団員として泥水の処理作業にあたった中で、「災害ボランティアが立ち上がるまでの数日間、作業に従事する方への保険が対象外という状況は見直すべきと感じた」と、12月の代表質問でも述べた件に触れた。また、「等々力プール復活」を願い1万1千筆近くの署名が集まったことに「設置を望む声が本当に多いと感じた。その気持ちを市に届け、まちづくり委員の一人として応対したい」と誓った。(1月26日、川崎市コンベンションホール)

■みこし連

 32年目となる初顔合わせは、世話人の立原和行さん(中原みこし連会長)による一本締めで開会。参加26団体を代表し挨拶に立った大勝睦会の齋藤潤一会長は、台風19号に触れ「近所の皆様が協力し対応する姿に感動した。今後も神輿を通じて、大切な横のつながりや歴史と文化を継承していく」と述べた。(1月26日、ホテル精養軒)

挨拶する大野理事長
挨拶する大野理事長
決意を示す原市議
決意を示す原市議
関係者らで鏡開き
関係者らで鏡開き

中原区版のローカルニュース最新6

「女性活躍」新たに18社

川崎市

「女性活躍」新たに18社 社会

中原区は計8社に

1月22日号

川崎市中原区に「近代三種」で全国3位の実力者

大谷戸小4年 志村佳祐君

川崎市中原区に「近代三種」で全国3位の実力者 社会

大谷戸小学校4年の志村佳祐君「夢は近代五種のプロ」

1月22日号

今井小で万引き防止授業

今井小で万引き防止授業 教育

中原署が紙芝居など交え

1月22日号

周年記念にエコバッグを

周年記念にエコバッグを 文化

デザインから完成までワンストップ

1月22日号

地域の交通安全推進

地域の交通安全推進 社会

委員25人、中原署から委嘱

1月22日号

LGBT、企業理解深めて

LGBT、企業理解深めて 社会

川崎区でセミナー

1月22日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク