中原区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する 冨樫 結菜(ゆいな)さん 川崎市在住 24歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

地域「1番」の女優に

 ○…パワフルな演技力で舞台やテレビドラマなどに出演し、幅広い世代から注目を集める女優として成長をみせる。「いつか地元で一番に愛される女優を目指すという思いがあります」と笑顔で語る。昨年放映していたテレビドラマ「こえ恋」を終え、現在は都内で舞台「Nippon朝女芝」に出演。「朝早くの公演から全力で声を出すのは大変ですが、一日の始まりに元気を届けられる芝居がしたい」と意気込みをみせる。

 ○…高校卒業後は、新しいことに挑戦したいと思いつつも漠然と働く毎日だった。そんな中、偶然友人と見た映画作品に心を奪われ、この世界に興味を持った。「流れるエンドロールが理屈抜きでかっこよくて、自分もそこに載る人間になりたいと思いました」。すぐに女優を目指し、2015年から事務所に入所。アイドル活動にも取り組み演技の幅を広げた。3年前にはミュージカル主演に抜てきされベテラン俳優らが脇を固める舞台をやりきることができ、度胸がついたという。

 ○…生まれも育ちも川崎区。川崎の街が大好きといい、休日は地元の友人と集まったり、お気に入りの飲食店に出かけるのが楽しみの一つ。都内での公演や撮影を終えた後に、「川崎駅の時計台を見るとホッとする」とはにかむ。

 ○…現在は事務所から独立し、主に舞台出演をこなす傍ら、活動の幅を広げようと動画投稿サイトYouTubeで自己紹介動画などを投稿。自身の目の動きや綺麗に映る角度を客観視でき、目標とする「映像芝居の勉強にもなっています」と話す。駆け出しながら、地元の声援を感じるといい、「皆さん私が少しでも舞台やドラマに出るだけで喜んでくれた」。地域への感謝を胸に「主演女優」の夢に突き進む。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク