中原区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

犬猫の譲渡数増加 アニマモール移転1年

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
右耳に去勢済みの印がある木月の野良猫
右耳に去勢済みの印がある木月の野良猫

 川崎市動物愛護センターが「ANIMAMALLかわさき」の名称で上平間に移転オープンし、2月で1年が経った。移転前と比較し、新しい飼い主のもとへ譲渡される犬や猫の頭数が増加した。

 2019年度の譲渡数は犬30頭、猫407頭。移転前1年間と比較し、犬10頭、猫が40頭ほど増加した。保護数は例年、犬100頭、猫500頭前後で推移しており、昨年度も同様だった。譲渡数増加の背景には、来所者数の変化があると同センターは考える。

 新センターは、駅から徒歩数分と利便性が高い。また日曜日も開館し、毎月3週目には譲渡会を開催。その結果、移転前は年間で2000人強だった来所者が、移転後は約26000人にまで急増した。同センターは「移転後、譲渡会に来てくださる市民が増え、個人への譲渡が増えた」と話している。

野良猫との共生進む

 例年、春先から保護される猫が増え、夏にピークを迎えると言われる。同センターによると、去勢手術をしていない野良猫が出産し、はぐれた子猫が保護されるケースが多いという。

 市では、野良猫対策として地域猫活動を支援。現在、25組が活動サポーターとして登録している。サポーターは、地域のすべての野良猫に去勢手術をし、手術済みの印として耳先をⅤ字にカットして元の場所に返還。適切なエサやりをしながら管理している。木月に住む70代男性は「昔はよく野良猫が子猫を産み、鳴き声に悩まされていたが、最近はなくなった」と効果を感じているとし、「猫は癒される。地域でかわいがれているのでは」と笑顔を見せた。

 同センターは「手術をしていない猫に安易にエサを与えることで、不幸な子猫が増える。市民一人ひとりがルールやマナーをもって動物に接し、命を守ってほしい」と呼びかけている。
 

中原区版のローカルニュース最新6

6月15日から通常授業

市内小中学校

6月15日から通常授業 教育

夏休みは2〜3週間短縮

5月29日号

6月1日から利用再開へ

【Web限定記事】川崎市内の施設

6月1日から利用再開へ 社会

図書館等は段階的に対応

5月29日号

地域で防ぐ振り込め詐欺

不動産を無料で査定

【Web限定記事】不動産2社×タウンニュース

不動産を無料で査定 社会

締切迫る、5月31日まで

5月29日号

コロナ以外の感染症減る

【Web限定記事】

コロナ以外の感染症減る 文化

感染症やA群溶連菌咽頭炎など

5月29日号

待機児童12人、中原区は1人

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、中原区は1人 社会

未就学児減少も申請増加

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク