中原区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

犬猫の譲渡数増加 アニマモール移転1年

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
右耳に去勢済みの印がある木月の野良猫
右耳に去勢済みの印がある木月の野良猫

 川崎市動物愛護センターが「ANIMAMALLかわさき」の名称で上平間に移転オープンし、2月で1年が経った。移転前と比較し、新しい飼い主のもとへ譲渡される犬や猫の頭数が増加した。

 2019年度の譲渡数は犬30頭、猫407頭。移転前1年間と比較し、犬10頭、猫が40頭ほど増加した。保護数は例年、犬100頭、猫500頭前後で推移しており、昨年度も同様だった。譲渡数増加の背景には、来所者数の変化があると同センターは考える。

 新センターは、駅から徒歩数分と利便性が高い。また日曜日も開館し、毎月3週目には譲渡会を開催。その結果、移転前は年間で2000人強だった来所者が、移転後は約26000人にまで急増した。同センターは「移転後、譲渡会に来てくださる市民が増え、個人への譲渡が増えた」と話している。

野良猫との共生進む

 例年、春先から保護される猫が増え、夏にピークを迎えると言われる。同センターによると、去勢手術をしていない野良猫が出産し、はぐれた子猫が保護されるケースが多いという。

 市では、野良猫対策として地域猫活動を支援。現在、25組が活動サポーターとして登録している。サポーターは、地域のすべての野良猫に去勢手術をし、手術済みの印として耳先をⅤ字にカットして元の場所に返還。適切なエサやりをしながら管理している。木月に住む70代男性は「昔はよく野良猫が子猫を産み、鳴き声に悩まされていたが、最近はなくなった」と効果を感じているとし、「猫は癒される。地域でかわいがれているのでは」と笑顔を見せた。

 同センターは「手術をしていない猫に安易にエサを与えることで、不幸な子猫が増える。市民一人ひとりがルールやマナーをもって動物に接し、命を守ってほしい」と呼びかけている。
 

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

下新城が3位入賞

下新城が3位入賞 スポーツ

春季ドッジボール大会

5月20日号

神地が6年ぶりⅤ

トスベース中原大会

神地が6年ぶりⅤ スポーツ

勝因は「助け合い」

5月20日号

11年ぶり アベック優勝

市立橘バレーボール部

11年ぶり アベック優勝 スポーツ

5月20日号

キャッシュレス納付推進へ

川崎北税務懇話会

キャッシュレス納付推進へ 社会

北税務署と連携、周知図る

5月20日号

「ハワイを身近に」

国際交流センター

「ハワイを身近に」 文化

29日、映画上映も

5月20日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook