中原区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

下小田中の販売店・野中さん 新聞たまり異変に気付く 人命救助で市から感謝状

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手に笑顔の野中さん
感謝状を手に笑顔の野中さん

 業務中に訪問先で高齢者の異変を察知し、人命救助につなげたとして、3月27日、福田紀彦川崎市長は東京新聞武蔵小杉専売所(下小田中)の野中弘美所長(62)に感謝状を贈呈した。

 野中さんは昨年8月、配達先の独り暮らしの高齢者宅で新聞が3日以上溜まっていることに異変を感じ、中原区役所へ連絡。区職員と地域包括支援センターの職員が駆け付け、熱中症の疑いのある高齢者を保護。その後、医療機関で一命をとりとめた。福田市長は「微細な変化に気づいていただき人命救助につながった。独居老人が増えると思うので、皆さんの取り組みが安心感につながる」と称えた。

地域見守りは「使命」

 野中さんが下小田中に販売所を構えたのは12年前。地域に愛される販売所になるために「笑顔」と「挨拶」を心掛けた。8年前には、川崎市が民間事業者と締結する地域見守りネットワーク事業に加盟。新聞配達の業務と並行して、地域の見守り活動を始めた。

 転換点となったのは5年前。新聞配達中、朝3時にも関わらず配達先の家の扉が全開で、奥に倒れている高齢者の姿が見えた。すぐに警察に通報。後に死亡を聞かされた。野中さんは「訪問時によくお話していた方。ショックだった」と悲しみをにじませる。以降、地域の見守り活動は自身の「使命」だと、一層力を入れるようになった。

 同販売所のスタッフは野中さん含め9人。「高齢者への声かけ」と「異変の共有」は全員の共通意識だ。月一の集金時や契約更新時にはコミュニケーションの時間を設け、「暑いときはクーラーをつけて」「最近、振り込め詐欺が起こってるよ」「風が強いときは自転車は押して歩いて」と会話の中で注意を促す。また、市内の東京新聞販売店40店舗の月一の定例会でも各地域の事例を共有。「地域があっての新聞配達。各自がアンテナを張り、異変にはすぐに対応する」。販売員が一丸となって、地域の安全を見守っている。

 「地域を任されていることに感謝さえ感じる」と野中さん。「これからも使命を全うしていきたい」と力強く話した。

 なお、麻生区、川崎区、宮前区の事業者にも人命救助に貢献したとして感謝状が贈られた。

下小田中の販売店
下小田中の販売店

中原区版のローカルニュース最新6

6月15日から通常授業

市内小中学校

6月15日から通常授業 教育

夏休みは2〜3週間短縮

5月29日号

6月1日から利用再開へ

【Web限定記事】川崎市内の施設

6月1日から利用再開へ 社会

図書館等は段階的に対応

5月29日号

地域で防ぐ振り込め詐欺

不動産を無料で査定

【Web限定記事】不動産2社×タウンニュース

不動産を無料で査定 社会

締切迫る、5月31日まで

5月29日号

コロナ以外の感染症減る

【Web限定記事】

コロナ以外の感染症減る 文化

感染症やA群溶連菌咽頭炎など

5月29日号

待機児童12人、中原区は1人

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、中原区は1人 社会

未就学児減少も申請増加

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク