中原区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

【Web限定記事】妖しくも静謐な世界観を堪能 浮世絵師・月岡芳年 最晩年の世界 川崎浮世絵ギャラリーで「月百姿」展開催中

文化

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 幕末・明治期に活躍した浮世絵師・月岡芳年(1839〜92)の『月百姿』の企画展が8月22日(土)から「川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜」(川崎区駅前本町・川崎駅前タワー・リバーク3階)で開催される。

 『月百姿』は芳年の最晩年の代表作。月にまつわる物語や伝承を題材としながらも、戦国武将や美女など歴史上の人物をはじめ、妖怪や幽霊、動物達が登場する。また、能や謡曲から得た題材も多く描かれるなど、変化に富む作品として知られる。

 芳年は12歳で武者絵を得意とする歌川国芳に弟子入り。『英名二十八衆句』で名をはせ、初期の頃は凄惨な場面を描いた「血みどろ絵」のイメージを強く残した。「ただ、生涯を通じて武者絵、歴史画、美人画、新聞錦絵など多彩な画業を残し、晩年に到達したのは張りつめた緊張感が漂う、妖しくも静謐な世界」だったと同ギャラリーの学芸員・蛭田裕紀子さんは語る。

 前期は9月13日(日)まで。作品を入れ替えた後期は9月19日(土)から10月18日(日)まで。計124点を展示。

 同ギャラリーは屈指の浮世絵コレクターである斎藤文夫氏(川崎区砂子)の収集品を展示。開館時間は午前11時から午後6時30分、入館は6時15分まで。休館日は月曜日。入館料は一般500円、高校生以下は無料。JR川崎駅北口徒歩2分。問い合わせは、同ギャラリー(【電話】044-280-9511)。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook