中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

住民主体で挑む防災 パークシティ武蔵小杉SFT

コミュニティ教育

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
(左から)海老澤理事長と本平さん
(左から)海老澤理事長と本平さん

 武蔵小杉の高層マンションの中でも被害の大きかった「ステーションフォレストタワー(SFT)」。SFTには、周辺エリアの治水を目的とした貯水槽が地下4階にある。台風直撃当日、大量の雨水が貯水槽から溢れ、地下3階の電気・機械室へと浸水し午前2時頃に停電。簡易的な復旧まで1週間を要した。

 管理組合は被災後、原因調査、再発防止策の検証を担う部隊を住民ボランティアで組織。同管理組合の海老澤理事長は「エンジニアや弁護士、建築学科の院生など、専門性を持つメンバーが先頭に立つことで、行政や施工会社、管理会社の方々も協力的になってくれた」と振り返る。また、エレベーターが使えなくなった住民同士の情報共有のため、本平さんがスマホアプリ「LINE」で住民のうち890人で交流を試みるなど、住民主体で様々な対策に取り組んだ。「地域に関わる沢山の人と接し、住民だけでなく、地域との絆も強くなったように感じました」と本平さん。

 今季に備え、貯水槽への雨水流入を防ぐためバルブを設置。1階の出入り口箇所には止水版を設置できるように。現在はハザードマップで想定されている大雨に備えるため、対策案の検証を続けている。

 「被災をきっかけに自分のマンションに興味をもつ人が増えた。オーナーとして判断しようという意識が高まったと思う」と海老澤理事長。
 

中原区版のローカルニュース最新6

死亡事故、全国で最多

神奈川県内

死亡事故、全国で最多 社会

8日時点で118人

11月26日号

天皇杯まで応援を!

天皇杯まで応援を! スポーツ

12月12日、等々力で準決勝

11月26日号

コロナ禍の人権学ぶ

コロナ禍の人権学ぶ 社会

全3回の講演会

11月26日号

「店づくり」子どもの手で

「店づくり」子どもの手で 社会

夢パークで「ゆめ横丁」

11月26日号

地上51mで望む初日の出

川崎マリエン

地上51mで望む初日の出 文化

事前申し込み制で

11月26日号

人気のフリマ開催

人気のフリマ開催 社会

きょう、国際交流センターで

11月26日号

中原区役所よりお知らせ

地元ショッピングモールで2つのイベント開催

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook