中原区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

公文書館シリーズ Vol.2 幻の川崎モノレールを辿る

文化

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
歴史的公文書(B657)「図5-23 車両のデザイン」(「昭和55年度都市モノレール計画関連基礎調査報告書(その2)」)=同館提供
歴史的公文書(B657)「図5-23 車両のデザイン」(「昭和55年度都市モノレール計画関連基礎調査報告書(その2)」)=同館提供

 川崎市公文書館(宮内4の1の1)では、企画展「『交通空白地』をなくせ〜幻の川崎モノレール〜」を開催している。来年3月31日まで。

 横浜市営地下鉄が新百合ヶ丘駅まで延伸することが決まったことを機に企画。市議会の資料や、車両デザイン図などが展示されている。

 戦後、ベッドタウンとして人口増加が進んだ川崎市西北部と、工場地帯だった臨海部の交通手段の強化が求められるようになった。1963年に、当時の金刺不二太郎市長が交通手段充実化を言及。次の伊藤三郎市長のもと、1972年頃からモノレール計画が具体化されていき、調査や市民アンケートなどを経て、昭和後期に土地の不足と運営事業者の問題で頓挫するまでを資料で辿っている。

車両名はタウンライナー

 目玉資料の一つが、車両のデザイン画(=写真上)で、TownLiner(タウンライナー)と命名されていることが分かる。その他、配色が施されたデザイン画3点や、多摩区と高津区を中心として駅名一覧、溝ノ口駅のイメージ図など、計画が進んでいたことが窺える資料がそろっている。

 子ども向けの説明パネルも設置され、幅広い世代が楽しめる工夫も。担当者は「自分の住んでいる地域にモノレールや駅ができていたらどうだっただろうと想像しながら展示を楽しんでほしい」と話している。

 入場無料。開館時間は午前8時30分から午後5時まで。月曜・祝日は休館(月曜が祝日の場合、火曜休館)。問い合わせは、同館【電話】044・733・3933へ。

歴史的公文書(B20)「溝ノ口駅(1駅)透視図」(「昭和51年度都市モノレール計画基礎調査報告書」)=同館提供
歴史的公文書(B20)「溝ノ口駅(1駅)透視図」(「昭和51年度都市モノレール計画基礎調査報告書」)=同館提供

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook