中原区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

パンジーで中原に彩りを セレサ川崎、4千株寄贈

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
苗を持つ原組合長(左)と萩原委員長
苗を持つ原組合長(左)と萩原委員長

 花や緑にあふれた街づくりを進める「なかはら20年構想委員会」(萩原ひとみ委員長)は18日、市国際交流センター玄関前で「冬の花の配布会」を行った。用意したパンジーやストックなど4千株の花々は、セレサ川崎農業協同組合から寄贈されたもの。萩原委員長は「ご協力いただき本当にありがたい。例年に比べて多くの花をお渡しすることができ、区内が色とりどりになっていくのが楽しみ」と喜びをあらわにした。

 同組合の広報担当者によると、今年は新型コロナの影響で予定していたイベントの多くを中止。使う予定だった予算を地域貢献に生かしたいと考えていたところ、区内の生花店から配布会について聞いたという。花や緑を増やし、住んでいてよかったと思える中原区にするという趣旨に感銘し、寄贈を申し出た。原修一組合長は「配布会はとても素晴らしい事業。街を明るくする活動に協力できて光栄」と思いを語った。

 配布会には同委員会に賛同する区内の23団体が参加。211株を受け取った法政通り商店街の川島邦博副理事長は「二ヶ領用水沿いを散歩する方々がパンジーの植栽を楽しみにしてくれている。これから商店街や地域を華やかにしていくのが楽しみ」と話した。

配布された色とりどりのパンジー
配布された色とりどりのパンジー

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook