中原区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

元プロボクサー坂本氏 「つらい時こそ前へ」 今井中生にメッセージ

教育

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
語りかけるように講演する坂本氏
語りかけるように講演する坂本氏

 今井中学校(平野耕一校長)の今井中フェスタが11月21日に行われ、ボクシング元東洋太平洋ライト級王者の坂本博之氏(49)による講演会が開かれた。同校キャリア在り方生き方教育の一環。

 坂本氏は「平成のKOキング」と呼ばれ、39勝(29KO)7敗1分の成績でファンを魅了した傍ら、児童養護施設で育った過酷な生い立ちが注目を集めた。今回の講演では「僕は運命を信じない」をテーマに、坂本氏の人生観が語られた。

負けて感じた「愛」

 出生してすぐに両親が離婚し、地元福岡県の施設に預けられた坂本氏。小3の頃、テレビでボクシングを目にし、「光眩しいリングの上に立ちたい」と夢を抱いた。生活環境や経済的に恵まれない中、書店で立ち読みしボクシング技術を習得。起床時刻前のランニングも毎日欠かさなかった。

 19歳で上京しジムに入門、デビュー戦はKO勝利。「観客の拍手が自分を褒めてくれたようで嬉しかった」。勝利を重ねる度に、全国の施設で暮らす子どもから手紙が届き交流が広がった。「子どもたちのためにも勝ち続けないと。負けたら昔のつらい日々に再び戻ってしまう気がした」。20戦目で初の敗北。失意に暮れる中、子どもから届いた言葉は「つらいときこそ前に出ろ」。坂本氏が子どもを励まそうと贈り続けた言葉だった。

「運命は変えられる」

 講演で坂本氏が伝えたのは人の愛。悩みを抱えがちな学生に寄り添い、「君を傷つけたのは人かもしれない。でも受け止めてくれるのも人なんだ。頑張っている人は周りが見ている。応援してくれる」と力を込めた。

 夢を持つ大切さも説いた坂本氏は「行動すれば運命は変えられる。明日ではなく今から。一歩でも半歩でも『一瞬懸命』で前へ」と呼び掛けた。

 講演を聞き伯東偉(とうい)さん(2年)は「情熱的な講演だった。積極的に挑戦する大切さを学んだ」と感想を話した。今も全国の施設を巡る坂本氏に感銘したという平野校長は「生徒の胸に響いたと思う。混沌とした時代だけに、坂本さんの信念や哲学を学んで」と語った。

今井中地域活性テーマに工夫

 長年、学校とPTAが共催し、地域の老若男女を招いて実施してきた今井中フェスタ。コロナ下の今年、参加は生徒と保護者に限定したものの、「みんなで地域を応援しよう」をテーマに工夫を凝らした内容となった

 地元商店の活性化につなげるため、PTAがサライ通り商店街や法政通り商店街、綱島街道沿いの飲食店に出店を声掛け。当日、10店舗ほどが校内で昼食や菓子を販売し、生徒らは友人同士で相談しながら選んでいた。午後は文化祭の代替として、吹奏楽部や3年生の有志で成る合唱、特別支援学級の演劇などを披露。PTAによる制服リサイクルや、PTAのOB主催の卓球ゲームなども行われた。生徒の一人は「今年は合唱コンクールが中止になり寂しかったが、3年生の歌声を聞く機会ができてうれしい」と目を輝かせた。

地元飲食店の出店
地元飲食店の出店

中原区版のローカルニュース最新6

全10種、初のスポーツ祭典

全10種、初のスポーツ祭典 スポーツ

2月23日、とどろきアリーナで

1月21日号

詩吟歌謡で元気を

詩吟歌謡で元気を 文化

高津川さん企画 盛況

1月21日号

「税の標語」で会長賞

「税の標語」で会長賞 教育

上丸子小6年の植田さん

1月21日号

今シーズンへ意気込み

川崎フロンターレ

今シーズンへ意気込み スポーツ

 新体制発表記者会見で

1月21日号

大幅改善も厳しい状況

中小企業景況感

大幅改善も厳しい状況 経済

川信調査、前期比15・6P増

1月21日号

「組織基盤の強化を」

川崎北法人会

「組織基盤の強化を」 経済

賀詞交歓会で団結

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook