神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2021年2月5日 エリアトップへ

川崎市 じもと応援券 利用率7割 5月末まで再延期

経済

公開:2021年2月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市が地域経済活性化を目的に発行したプレミアム商品券「川崎じもと応援券」の利用率が、1月18日時点で7割を超えた事が分かった。

 同券は7月から販売されたが事前申し込みや購入冊数の制限もあり、2次募集まで販売数は約4割と伸び悩んでいた。10月の3次販売で直接販売にし、購入制限をなくしたことで完売し利用も増えた。

 利用状況を区別で見ると、中原区が最も多く約18億8千万円(登録店舗数1197件)。次いで川崎区が約15億6千万円(同1129件)、宮前区が約11億2千万円(同521件)、高津区が約11億円(同762件)、多摩区が約9億3千万円(同767件)、幸区が約7億6千万円(同563件)、麻生区が約5億2千万円(同414件)となっている。

 業種別では、最も利用が多い「飲食店」(約20億7千万円)を筆頭に、「飲食料品店」(約9億7千万円)、「スーパー」(7億8千万円)が続く。これは昨年12月の時点と同じ序列。

 なお市は先月末、応援券の利用期間を今年5月31日までに再延期すると発表した。緊急事態宣言の再発令に伴う利用機会の減少を考慮したもの。

中原区版のローカルニュース最新6

絵を編む体験会

作家・中山さん

絵を編む体験会

8月2、3日 作品展示も

7月19日

グラウンドゴルフを体験

グラウンドゴルフを体験

9月1日 等々力緑地

7月19日

DeNA「可能性広げる」

カワサキ文化会館が移設

DeNA「可能性広げる」

市の若者文化創造発信拠点

7月19日

市民提案事業を発表

市民提案事業を発表

7月27日 市民館

7月19日

PCとスマホ学ぶ

PCとスマホ学ぶ

シニア向け 参加者募集

7月19日

一部施設で配食を試行

「わくわくプラザ」

一部施設で配食を試行

配送費は事業者が負担

7月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook