中原区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

市平和館 戦争体験者「惨劇」語る 東橘中生らと勉強会

文化

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
戦争体験を語る梅津さん
戦争体験を語る梅津さん

 川崎市平和館で3月6日、76年前の川崎大空襲を体験した梅津政之輔さん(90)の講演が行われた。同館で開催中の「川崎大空襲記録展」の企画として、東橘中学校(高津区)の3年生や一般参加者らと平和について理解を深めた。

 梅津さんは11歳で初めて空襲を体験。当初は「恐怖心よりも好奇心が強かった」といい、警報のサイレンが鳴っていても避難せずに戦闘機を眺めていたこともあった。しかし、連射しながら接近してくる戦闘機に慌てて防空壕に飛び込んで命拾いした経験から恐ろしさを痛感。空襲後、鶴見川に流れる女性や道に倒れる黒焦げの遺体など、目の当たりにした数々の悲惨な光景について語った。

 終戦直後、父親に「戦後の東京を見ておけ」と促され、疎開先の山形県から足を運んだ。地下道に身を寄せる大勢の被災者や物乞いする軍人など「当時の光景は今も忘れられない」と話す。川崎駅周辺は焼け野原で「何もかもなくなっていた。現在の姿を見ると、良くここまで復興したと驚きを隠せない」と話した。

 講演後は参加者から質問が寄せられた。当時の食生活について問われ「芋しか食べられなかった。今でも食卓に並ぶとあの頃を思い出して嫌な気持ちになってしまう」と心情を述べた。

平和学習を発表

 東橘中の生徒らは3年間の平和学習のまとめとして、修学旅行で広島県を訪れて実感した戦争の恐ろしさや、いじめや差別など現代の問題から考える平和について発表。男子生徒は「今も世界から戦争はなくなっていない。未来を担う者として平和について考え続けたい」と願いを込めた。発表を聞いた梅津さんは「身近な問題から平和について考えられていて、素晴らしい発表だった」と賛辞を送った。

 展示会は5月5日まで開催。問い合わせは同館【電話】044・433・0171へ。

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter