中原区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】「芸術は爆発だ!」 TARO賞 圧巻の世界観 表現 岡本太郎賞は最年少・大西茅布(ちふ)さん

文化

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
最高賞を受賞した大西さんと作品「レクイコロス」
最高賞を受賞した大西さんと作品「レクイコロス」

 芸術の新しい側面を切り出そうと、川崎市岡本太郎美術館(多摩区枡形)などが主催する「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)。第24回の受賞者が2月に発表され、最高賞「岡本太郎賞」に大阪府の高校生・大西茅布さん(18)が史上最年少で選ばれた。

 レクイエム(鎮魂)とコロナウイルスを組み合わせた造語「レクイコロス」という作品名で、5メートル四方の空間に大小50枚以上の油絵を凝縮。コロナの悲惨さを題材に、騒ぐ預言者や軍事会議の様子などをストーリー仕立てで一枚ずつ描いた。大きな賞で最上位は初という大西さんは「こういうふうに自由にやれるのは初めて。自信になった」と会心の表情を見せた。

地元川崎から 小林さんが「敏子賞」

 太郎賞に次ぐ「岡本敏子賞」には、高津区久地に工房を構える芸術家・モリソン小林さん(51)が選出された。前回は、額縁一つに金属などで作った植物を納めた作品を初めて応募し、落選。今回、「break on through」と題し、ヤマドリゼンマイやササユリなどが「枠」を突き抜け壁や床をつたい、大地に根を伸ばして自然と共生する姿を空間いっぱいに表現した。

 商業施設や店舗で金属植物のアートを制作する小林さん。「一番好きなアーティストの近くへ」と、独立して2001年に工房を開き、岡本太郎美術館に通い詰めた。かつて敏子さんのいた空間で仕事をしたこともあり、「20年以上かかって夢が叶った」と受賞を喜んだ。

 今回は初のオンライン受付で、応募616点のうち24点が入選した。入選作品は4月11日まで同館で展示中。

敏子賞を受賞したモリソン小林さんと作品「break on throug」
敏子賞を受賞したモリソン小林さんと作品「break on throug」

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter