中原区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

川崎商工会議所中原支所長に、4月1日付で就任した 立野 公彦さん 横浜市在住 56歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

企業を支える意志貫き

 ○…中原支所での勤務は20年ぶりで、街の変化に驚く。「ちょうど東急武蔵小杉駅に目黒線が乗り入れた頃。当時は中小企業婦人会館の中に支所があったけど、今はマンションが建ってて当時の面影はないね」としんみり。劇的な変化は、今の地域経済も同じ。「コロナで多くの企業が疲弊している。補助金や融資を活用しながら、苦境にあえぐ経営者のお役に立てるよう引き続き支援したい」と気を引き締める。

 ○…バブル景気のさなか製紙メーカーに就職。残業して飲み会後はタクシーで帰宅、が日常の時代。「行き先が近いと乗車拒否されてね。今とは大違いだよ」。商議所に転職し、金融機関の貸し渋りや貸し剥がしが社会問題となる中、企業や経営者に寄り添い要望に応えることにやりがいを感じた。忘れられないのは一昨年、在籍していた高津支所の会員企業が、台風による浸水で数千万円の被害を受けたこと。「悔しくて、何とか力になりたくて。企業にとって必要な借金というのはあるものだから」

 ○…趣味のジム通いも旅行も自粛に迫られ、休日は妻と自宅で映画鑑賞するように。「グリースとかフットルースとか、ミュージカルが特に好き。観ているだけで元気が出るでしょ」。90年代のJ―POPを聴くことも含め、巣ごもり生活でのリフレッシュ法だ。モットーは人間万事塞翁が馬。「生きているだけで幸せだと思うことが大切なんじゃないかな」

 ○…今までもこれからも心掛けるのは、自己の能力向上。「求められていることが何かを理解し、期待に沿う形で応えていかなければ」。経済状況が厳しい中、商議所も再編統合して会員企業を支えていく方針を示した。企業のため地域のため、中原支所の5人で結束して臨む構えだ。

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook