中原区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

伝統の味、守り抜く 創業150余年、福来醤油

文化

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
5代目の喜久雄さん(右)と弟の光太朗さん
5代目の喜久雄さん(右)と弟の光太朗さん

 川崎市内に残る唯一の醤油醸造所・福来醤油(井田)。5代目の三田喜久雄さん(89)が弟の光太朗さん(79)とともに創業150余年の歴史を守っている。

 前身は、1868年(明治元年)に創業した安藤醤油。喜久雄さんらの父の実家で、福来醤油の隣に工場を構えていたという。だが、1923年の関東大震災で損壊。安藤醤油は廃業したが、父が引き継ぐ形で、嫁ぎ先の三田家で福来醤油を開いたという。

 喜久雄さんら兄弟にとって幼い頃から醤油づくりは身近。喜久雄さんは法政二高を卒業後、大学進学を望みながらも、「下には7人の弟と妹がいて親父の苦労を見ていたから、支えたかった」と家業に入った。父の背中を見て醤油づくりに励む日々。「(原料の)麹は生き物。発酵には温度が大切だから夜中も何度も起きて調節して。楽しくはないけど、性に合っておもしろかった」とすぐにのめり込み、20代半ばで経営を受け継いだ。

 数年後には光太朗さんも手伝うようになり、ピーク時は6人ほどの従業員も抱えていたという。光太朗さんは「朝7時に起きて働き詰め。20代は休みなしだったけど、それが当たり前だった」と話す。

求める人のため

 全盛期は、神奈川県内で約30軒、川崎市内でも5軒ほどの醤油醸造所があったが、高齢化とともに次々に廃業。そうした中でも二人は、「遠方から買いに来てくれる人もいるからやめられないよ」と口をそろえる。

 井田の工場では現在、近年人気の高い中華スープや餃子のタレの加工を中心に扱っている。喜久雄さんは「成り行きで気づけば60年。せっかく父が作った工場。私がやれるうちは続けていきたい」と話した。

無料で資格!川崎で介護スタート

無料で資格を取得して川崎市内で介護スタッフとして働きませんか?

http://kawasaki-kaigo.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

市内初の女性署長に

元中原消防署 副署長 熊谷さん

市内初の女性署長に 社会

5月7日号

貫いた「木彫師の命」

まちの「はてな」に迫る【4】

貫いた「木彫師の命」 文化

市ノ坪・後藤正房(1834-1916)

5月7日号

旧総合自治会館で訓練

中原消防団

旧総合自治会館で訓練 社会

約1年ぶり 新人中心に

5月7日号

戸張一座、成果を配信

戸張一座、成果を配信 スポーツ

詩吟など披露

5月7日号

多摩川で8編の物語

市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

配信ドラマ、武蔵小杉も登場

5月7日号

撤回へ県民の力を

日本学術会議任命拒否

撤回へ県民の力を 社会

学者ら、川崎市役所で声明

5月7日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter