中原区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

まちの「はてな」に迫る【5】 区内各地で絵付き石、発見 もしかして「WAROCK(ワロック)」?

文化

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 カラフルなイラストを施した石が、区内各地で発見されている。アニメキャラクターやアマビエ、招き猫などが描かれており、誰が、いつ、何の目的で置いたのか、周辺に取材しても全くわからない。ただ、多くの石に共通しているのは裏面に記された「VEGO」という文字。作者のサインなのだろうか。目撃情報をもとに、その謎を追いかけてみた。

  ◇  ◇  ◇

 発見された場所は東住吉小付近の二ヶ領用水沿いや中原平和公園、ブレーメン通り商店街などの元住吉エリア。周辺で取材を進めると、昨年から目撃が相次いでおり、時間が経つにつれて徐々に数を増やしているという。コロナ下で地元を歩く機会が増えたこととも関係しているようだ。

 また、小杉エリアではコロナの流行以前から目撃されていた。法政通り商店街のマスコット「ニカッパくん」の周りには、同一人物が描いたと思われる石が並ぶ。同商店街の川島邦博副理事長は「4年ほど前、気づいたら置いてあった。周りに聞いても誰が描いたかわからず、年を重ねるごとに少しずつ増えて、直近ではアマビエも登場した」と話す。

 調査を進めると「WAROCK」という石を使った遊びがあることがわかった。西オーストラリア発祥で、絵が描かれた石を公園や街に隠し、誰かが見つけるのを楽しむ。描く時のルールで、石の裏に「WAROCK」やフェイスブックの「f」を入れる。この文字が拾ってもいい石の目印でもある。しかし、今回区内で発見された石にそれらの文字は見当たらない。手がかりは「VEGO」の文字とそれに続く4つの英数字。作品ごとに異なる英数字に意味があるのかもしれない。

 中原区編集室では、引き続き絵付き石について情報を募集する。作者や手掛かりに心当たりがある人は当編集室(【メール】nakahara@townnews.co.jp)まで。

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook