中原区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

部員1人で最後の夏へ 新城高野球部 宮崎翔さん

スポーツ

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
最後の夏に向け闘志を見せる宮崎さん
最後の夏に向け闘志を見せる宮崎さん

 あす10日から始まる第103回全国高校野球選手権神奈川大会に、新城高校は、麻生総合・市立川崎・幸との連合チームで出場する。4校による連合は5年ぶり。新城高の野球部員はたった一人、3年生の宮崎翔さん(18)だ。それでも「3年間やってきたことを信じ、自分の力を出し切るだけ」と気負いはない。

 宮崎さんが1年生で入部したとき、部員は同期3人含め16人だった。高2の夏に3年生が引退し5人となったため、昨秋と今春の地区予選は生田高(多摩区)との連合で出場。しかし、この春心待ちにしていた新入部員はなく、宮崎さん以外の4人も退部した。「正直、寂しい気持ちはあったけれど、小1から続けてきた野球を途中で諦めたくはなかった。最後までやりきろうと思って」と自らを奮い立たせた。

 4校のメンバー11人が初めて顔合わせしたのは今年5月。「初めは不安だったけど、話してみたら野球への思いは一緒だった」。合同練習は土日、新城高の広いホームグラウンドでともに汗を流す。チームプレーを重ねるうちに、考え方も共有できてきたという。宮崎さんがチームで期待されるのは力強いバッティング。練習試合でも4番を打ち、「監督や先輩方から教えていただいたミート打撃ができている」と胸を張る。

OBの誇り胸に

 同高野球部監督でOBでもある大平康幸教諭(43)は、複雑な心境をのぞかせる。かつては県準優勝、関東大会にも2度出場したことのある創部59年の伝統校。「このまま廃部にだけはしたくない」と、地元中学校へスカウトもしてきた。今は信念を貫く後輩のため、毎朝2人だけの練習に時間を費やす。「授業中も真面目で成績優秀。宮崎の思いに応えたい」とは、教師であり先輩でもある誇り。宮崎さんが引退すると部員はゼロになるが、今伝えているのは「高校野球は(全国優勝の)1校を除き、全ての学校が敗退する。いかに良い形で終えるかだ」。様々な思いを胸に、最後の夏に臨む。
 

中原区版のローカルニュース最新6

今年誕生の新生児に支給

じもと応援券

今年誕生の新生児に支給 経済

利用期間3月末まで延長

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月24日号

衣装でイベント下支え

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

親子で楽しむサッカー教室

川崎フロンターレ応援特集

親子で楽しむサッカー教室 スポーツ

11月、川崎Fコーチが指導

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook