中原区版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

市立井田病院の医師で、コミュニティカフェでコロナワクチン相談会を行う 西 智弘さん 井田在住 41歳

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

「地域の力」で心もケア

 ○…「コロナワクチンに対する不安や疑問を受け止める対話の場が少ない。医療者と話す機会を増やしたい」と、先月から西加瀬でワクチン相談会を始めた。不確かな情報を不安に思う相談者に、医師として科学的根拠がある正しい情報を伝えている。「相談事の中には誤解もある。医療現場や保健所ではゆっくり話せる時間は少ない。少しでも手伝えれば」

 ○…活動の元になっているのは、33歳から始めた街の健康相談。当時、緩和ケア医としてがん患者と向き合う中で「患者が抱える痛みや苦しみは病院内では一部しか解決できない」と、地域の貸しスペースを自腹で借り、同僚の看護師と2人でスタート。診察室では話せない仕事や金銭など生活上の悩み、患者の家族・友人からの相談を受けるうち、医療だけでなく行政や税務などの専門家を含めた「地域の力」が必要だと痛感した。

 ○…北海道出身。子どもの頃は「道理が通らないことが嫌い」で、授業中に私語をやめない同級生を注意したことも。小学生で医師を志し、漫画「Dr.コトー診療所」に憧れて家庭医研修に取り組んだ。緩和ケアの技術に出合い「ちゃんと学びたい」と、在宅ケアまで総合的に取り組む井田病院へ。現在では、がんや緩和ケアに関する書籍も数多く執筆している。

 ○…最近の息抜きは写真。一眼レフを片手に通勤途中に撮影を楽しむ。自身を「分析好き」と称し、人の話を順序立てて整理する癖も相談会で役に立っている。再発を繰り返していたがん患者が「病気の自分を支えてくれる人が、たくさんいることが分かった。もうがんは怖くない」と話したのが忘れられない。周囲の支えが患者の力になることを実感した。「病気になっても”怖くない”と思える地域にしたい」

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook