中原区版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

三菱重工相模原ダイナボアーズの中心選手で、7日開幕の新リーグで戦う 石井 智亮(ともあき)さん 麻生区出身 26歳

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

活躍誓うスクラムの職人

 ○...新リーグ初戦の相手は、昨年まで在籍していた花園近鉄ライナーズ。「古巣が相手なので気持ちも力も入る。いいスタートを切るためにも必ず勝ちたい」と意気込む。川崎市出身のラグビー選手として臨む新リーグ。「ラグビーというスポーツの面白さを試合で見せたい。地元からも熱い声援を送ってもらえたらうれしい」

 ○...身長182センチ、体重120キロで、ポジションはスクラムの"支柱"を意味するプロップ。フォワードとして最前列で組み合い、密集戦でも相手を押し込むパワーと耐久性が要求される。「どのチームでも最も大きな選手が務めることが多い。繰り返し練習しないとケガする」。駆け引きなど細かい技術を必要とし「スクラムの職人」と呼ばれる。

 ○...小学生からサッカーに熱中し、小5で川崎フロンターレのスクールに入った。「等々力には練習に通ったことや、成人式で集まった思い出がある」。ラグビーを始めたのは生田高校(多摩区)に入学後。サッカー部の見学に行った場で、ラグビー部の顧問からその体格を生かせると熱烈な勧誘を受けた。「これも何かの運命」と入部を決めた。結婚して2年、昨年6月に長男が誕生。体重2400グラムと低体重で生まれたが、約6カ月で10キロを超えるほど大きく成長し「将来はラグビー選手になるのかな」と目尻を下げる。

 ○...週に1回は練習拠点のある相模原市から両親のいる麻生区に戻る。「やっぱり川崎に帰ってくるとほっとしますね」。ラグビーは両チーム合わせて30人と出場人数が多い球技。「小さい人や大きい人、足が速い人、力のある人といろいろなタイプがいて役割も違う。好みの選手に感情移入しながら新しいリーグを楽しんでほしい」

中原区版の人物風土記最新6

石井 宏之さん

川崎市生涯学習財団の理事長に就任した

石井 宏之さん

上小田中在住 61歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

8月5日号

太田 猛彦さん

「かわさき市民アカデミー」の理事長に就任した

太田 猛彦さん

今井南町在勤 80歳

7月29日号

田中 勝子さん

行政相談委員として総務大臣表彰を受賞した

田中 勝子さん

下小田中在住 77歳

7月22日号

瀬戸 豊彦さん

川崎市文化財団理事長に、6月24日付で就任した

瀬戸 豊彦さん

中丸子在住 63歳

7月15日号

神山 曻さん

7月2日に公開した自主制作映画「あんぽんたん」の監督・脚本・編集を手掛ける

神山 曻さん

井田中ノ町在住 74歳

7月8日号

伊藤聡子さん講演会

宅建協会川崎中支部主催

http://www.kawasaki-naka.jp/

中原区商店街連合会

川崎市中原区小杉町3-245(中原区役所内)044-744-3161

https://nakashoren.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook