神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2022年3月11日 エリアトップへ

ハートマンヤマシマウマ 園の人気者、1頭に 血統で繁殖できず

社会

公開:2022年3月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
在りし日のビリー=夢見ヶ崎動物公園提供
在りし日のビリー=夢見ヶ崎動物公園提供

 夢見ヶ崎動物公園(幸区/村木芳夫園長)で飼育されていたハートマンヤマシマウマのビリーが2月6日、24歳5カ月で死亡した。昨年6月にはミドリ(22歳8カ月)も他界。同動物園には2頭の息子、アース(14歳8カ月)だけになった。現在、同種は日本国内に5頭。血統の関係で繁殖ができず、このままだと動物園でその姿を見られなくなる日が来るかもしれない。

 ビリーは2004年に来園。ミドリとの間に、アースのほか、イブキ(オス・13歳5カ月/香川県しろとり動物園)、オリーブ(メス・10歳7カ月/広島県福山市立動物園)、キララ(メス・9歳1カ月/茨城県日立市かみね動物園)の3頭の子をもうけた。

 国内5頭のうち4頭はきょうだいで、福山市立動物園のエイタ(オス・14歳6カ月)だけ血統が違う。仮にエイタとオリーブやキララの間に子どもができても、その後は近親交配になるため、繁殖できない。

 生息地からの輸入について村木園長は「コロナ禍や、経済的な理由もあり、厳しい。繁殖のために個体数の少ない生息地から連れてくることに疑問を投げかける人もいる」という。動物園の「顔」的存在であり、長い目で見て、繁殖については可能性を探っていきたいとも話した。

 ハートマンヤマシマウマはアフリカ南西部の山岳地帯に生息するシマウマの一種。絶滅危機にある危急種とされ、野生の生息数は約8千頭(2008年資料)。寿命は飼育下では約25歳という。

レッサーパンダも貴重

 同動物園には他にも絶滅の危機に瀕している動物が飼育されている。同動物園の人気ものレッサーパンダもその一種。国内の多くの動物園で飼育されており、珍しさを感じないかもしれないが、実は絶滅危惧種。中国四川省やネパールなどに生息地が限られ、数は2500頭から1万頭と言われる。

中原区版のトップニュース最新6

「木製遊具」に感謝状

平間小PTA

「木製遊具」に感謝状

市、木材利用促進を評価 

7月19日

高井選手「金目指す」

川崎フロンターレ

高井選手「金目指す」

パリ五輪サッカー代表に

7月19日

「二ヶ領用水」市長と清掃

東住吉小5年生

「二ヶ領用水」市長と清掃

未来に残す、意見交換も

7月12日

熱中症予防に「ちょこ涼」

熱中症予防に「ちょこ涼」

市内194施設を開放

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

「飛躍祭」 音、食、スポーツに沸く

7月5日

哺乳器を回収、再資源化

ベビー用品関連企業

哺乳器を回収、再資源化

小杉で啓発イベント

7月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook