神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年1月13日 エリアトップへ

安養寺の「力石」文化財に  郷土芸能の原点として評価

文化

公開:2023年1月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
安養寺の「力石」と新城囃子曲持保存会の千葉康史会長
安養寺の「力石」と新城囃子曲持保存会の千葉康史会長

 上新城の安養寺にある「力石」が、市民文化や地域風土に根差して継承されている「地域文化財」に選ばれた。同じ新城に伝わる民族芸能・囃子曲持の技芸へとつながる原点として歴史的価値が評価された。

 「力石」とは、かつて日本各地で行われていた力試しや力比べに使われた用具。安養寺の境内に置かれているこの石は、長さ64センチ、幅31センチ、厚さ23センチの大きさで、90キロを超える重さがある。

 今回、県の民族芸能50選に選ばれている「新城囃子曲持」の保存会(千葉康史会長)が、力石を文化財として市教委に推薦し認められた。囃子曲持は、米俵や酒樽、臼などの道具を使い祭りの囃子のリズムに乗って、力技の妙技を見せる芸能。昔、力自慢や娯楽の一つとして用いられてい力石たが、その後、注目を集め、俵などを利用した曲持ちになったと推測され、技芸の進歩・発展へとつながった原点としての価値が評価された。

 千葉会長は「古くからの会員が子どもの頃に近所の若者が持ち上げていたのを覚えていると話していたことから、少なくとも戦前からある石として保存会では知られていた」といい「今に受け継がれている郷土芸能の原点として認められたことはうれしい。これをきっかけに、多くの人が力石のこと、囃子曲持のことを知るきっかけになれば」と話した。

 地域文化財は、2017年に市民生活に根差した文化財を顕彰する制度で、川崎市の指定文化財に選ばれていないものが対象。第5回目となる今回は市内から23件が追加され、計213件となった。中原区からは、「伝・八百八橋の橋板」「下小田中菊花会」など34件が選ばれている。

中原区版のトップニュース最新6

「二ヶ領用水」市長と清掃

東住吉小5年生

「二ヶ領用水」市長と清掃

未来に残す、意見交換も

7月12日

熱中症予防に「ちょこ涼」

熱中症予防に「ちょこ涼」

市内194施設を開放

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

「飛躍祭」 音、食、スポーツに沸く

7月5日

哺乳器を回収、再資源化

ベビー用品関連企業

哺乳器を回収、再資源化

小杉で啓発イベント

7月5日

「難しくても支える」

川崎ダルク開設20周年

「難しくても支える」

薬物依存者の回復後押し

6月28日

中原中・川本さんが3位に

口笛世界大会

中原中・川本さんが3位に

2大会連続で快挙

6月28日

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

なかはらコアまつりに関するお知らせ

なかはらアート作品を彩るメッセージを募集/なかはらコアまつり「100人でいろいろねいろ」出演者募集!

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook