神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年7月14日 エリアトップへ

市政報告vol.96 水害対策 住民の声を聴き土のうステーション拡充を 川崎市議会議員 末永 直

公開:2023年7月14日

  • X
  • LINE
  • hatena

 令和5年川崎市議会第3回定例会が6月12日から7月6日までの会期で開催され、上程された議案すべてが可決成立しました。7月4日の一般質問で、宮内地区の土のうステーション拡充について住民の方から求める声があったため、質問しました。

 令和元年東日本台風では、多摩川流域の複数の観測所で過去最大の雨量を記録しました。中原区でも浸水被害が発生しました。現在対策中です。

【1】短期対策(完了)

 排水樋管ゲートの改良や遠方制御化、観測機器の設置、ゲート操作手順の見直し、排水ポンプ車の導入などをすでに実施しました。

【2】中期対策(令和9年度まで)

 ポンプゲート設備を設置し、多摩川の水位上昇に伴う逆流防止と多摩川への雨水排水を同時に実施できるようにします。

【3】長期対策(令和24年度まで)

 複数の排水区を一体的に捉え、排水できない雨水を新設する流下幹線で集め、新設又は増設するポンプ場から多摩川へ排水するなどして、令和元年東日本台風当時の浸水に対し、浸水被害を解消するなどの効果が期待できるとのことです。

-・-・-・-・-・-

 6月9日に宮内排水樋管周辺地域における夜間の浸水対策訓練が行われました。また、宮内地区においては、短期対策済みの現状で、床上浸水を約5割減少、令和9年度の中期対策後、床上浸水を71%低減できるとのことです。あくまで令和元年東日本台風当時の浸水に対してであります。完全に浸水被害が想定されなくなる令和24年まで浸水被害に遭われた住民の不安は解消されません。中原区に関し、令和元年東日本台風の浸水被害に遭われた住家等は宮内地区は107件うち非住家1件。加えて、丸子地区は851件うち非住家11件とのことです。

 土のうが足りません。土のうステーションの拡充について質問しました。「土のう置き場は、過去に浸水や冠水が確認された地域の一部に、民地への浸水被害などの軽減を目的として、公共用地を利用して設置している。宮内地区については、過去の冠水などの実績や状況、地域の御要望も踏まえ、今後、拡充について検討する」と建設緑政局長は答弁しました。被害にあった地区の住民の声をしっかりと聴いて、拡充をするよう要望しました。大雨災害は今年も各地で発生しています。行政は「目に見えるかたち」で住民の不安を払拭すべきです。

末永直

suenagayuke26@gmail.com

TEL:044-789-5823

http://suenagayuke.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

新年度予算にて「おくやみコーナー」が設置へ

市政レポートNo.164

新年度予算にて「おくやみコーナー」が設置へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

2月23日

令和6年度 中原区における消防・救急体制の強化について

市政報告

令和6年度 中原区における消防・救急体制の強化について

川崎市議会議員 松原しげふみ

2月23日

教員への支援を充実させ質の高い教育の実現へ

市政レポート【7】

教員への支援を充実させ質の高い教育の実現へ

みらい川崎市議会議員団 いど きよたか(清貴)

2月16日

地域リハビリテーションセンターについて質問しました

市政報告Vol.8

地域リハビリテーションセンターについて質問しました

日本維新の会 川崎市議会議員 三浦えみ

2月16日

入札「建築一式」における問題提起

市政報告vol.102

入札「建築一式」における問題提起

川崎市議会議員 末永 直

2月9日

川崎市の救急出場について

市政レポートNo.10

川崎市の救急出場について

みらい川崎市議会議員団 高橋みさと

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook