神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

下河原小 市制100周年、児童が祝う 「川崎をもっと好きに」

教育

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
「かわさきのねいろ」を歌う児童(上)、計画委員会のメンバー(下)
「かわさきのねいろ」を歌う児童(上)、計画委員会のメンバー(下)

 下河原小学校(菊地美和子校長)の全校児童214人が1月31日、市制100周年を祝う「川崎市100才おめでとう集会」を開いた。

 計画実行委員会のメンバー10人を中心に、児童が主体的に企画。この日に向けて各クラスごとに準備を進めてきた。

 全児童が参加して盛り上がった「みんなで知ろう川崎市クイズ」、クラスごとにまとめた市へのメッセージを貼り付けて完成させた誕生日ケーキなど、様々な催しを披露。全員で歌った「かわさきのねいろ」の合唱では温かな歌声が体育館に響き渡った。サプライズゲストには、2019年の創立60周年を記念して誕生したマスコットキャラクター・シモカメが登場。退場する児童らとハイタッチを交わした。

 同実行委員会の委員長を務めた田中愛乃(うの)さん(6年)は「もっと川崎市のことを好きになってほしくてアイデアを出し合った。100点満点の出来」と笑顔を見せた。

 コロナ禍以降、全児童が一堂に会した集会は初。菊地校長は「川崎市がみんなにありがとうと言って喜んでいる声が聞こえるよう。7月1日の記念日にも、今日のように全校でお祝いできたら」と話した。

中原区版のローカルニュース最新6

明治安田が協賛金

明治安田が協賛金

「かわさきTEKTEK」に

2月23日

「多文化共生のミュージアムを」

市民有志

「多文化共生のミュージアムを」

おおひん地区に 協賛呼び掛け

2月23日

偲ぶ会に130人

故・川本学さん

偲ぶ会に130人

「愛ある政治家」に別れ

2月23日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月23日

町会と協力し美化活動

中原RC

町会と協力し美化活動

大戸神社の歴史も学ぶ

2月22日

花桃に人だかり

セレサ川崎

花桃に人だかり

JR川崎駅でPR展示会

2月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook